ロボテッチ通信

その教育費、過払い金になってませんか?

【塾なし中学受験のコツ】小学3年生8月号:Z会の中学受験コースのレビュー


にほんブログ村 子育てブログへ

 

[目次]

 

小学3年生8月号の教材

Z会の中学受験コース(本科トータル指導プラン)では、小学3、4年生の2年間で、小学6年生までの教科書の内容を一通り学習するようです。タブレットの映像配信と紙のテキストを併用して学習を進めていきます。テキストは前月の下旬に自宅に届き、タブレットの配信は当月の1日からとなります。中学受験コースを謳うだけあって、かなり内容が濃いです。テキストが4冊だけ届くので、色気は全くありません。

f:id:Robotech:20210421210051j:plain

国語のカリキュラム

メインテーマは「詩の表げん方ほうを理かいする」「類義語・対義語」です。やばいです。無機質な私は詩を読んでも何も感じないタイプなのです。まずは最初にガッツリ表現方法を理解します。比喩、擬人法、倒置法、反復法、対句法、体言止め、呼びかけ、省略法、連。おお!小学三年生でここまでいきますか!と不安しかなかったのですが、さすがZ会だと思いました。なんと表現したらいいのでしょうか、見方によっては高校レベルの問題を小学生にやらせる問題作りが上手いです。ゴマすってるわけじゃなくて、ほんとに。

中学受験コースを始めて5ヵ月目になり、長男のレベルアップをはっきりと感じたのは国語です。4月号の頃は添削問題で半分程度しか解答できませんでしたが、8割は安定的に取れるようになりました。さらに作文は本当に上手になりましたね。モザイクをガッツリかけておきましたが、雰囲気は伝わりますでしょうか。長男は国語が得意な理系で勝負していくんで、そこんとこヨロシク!

f:id:Robotech:20210905001925j:plain

 

算数のカリキュラム

メインテーマは「大きな数」「およその数」です。大きな数は千兆の位まで学習しますが、特段難しいことはありません。問題はおよその数、「概数」です。これまでの算数は計算がメインでしたので、それほど脳みそを使っていないと言いますか、慣れが全ての単純作業だったわけですが、概数あたりからは「算数の考え方」を理解しなくてはならず、算数が苦手になる子が多くなります。

概数の考え方から始まり、切り捨て、切り上げ、四捨五入、以上、未満、以下、等号、不等号、等号つき不等号まで一気にやりました。これは一気にやった方が良いと思います。数の捉え方を理解した上で、そのルールを学ぶという流れです。計算結果を予測する技術でもあるため、単純計算のミスも減りスピードアップもします。今月号は覚えることが多かったので、復習をしっかりとやりました。

 

理科のカリキュラム

メインテーマは「たんけん!生き物の世界」です。いろいろな虫について本を使って調べます。我が家には「学研の図鑑LIVE」シリーズがほぼ全巻あるので、こちらを使って進めました。高額な物はジジイ、いや、ジージの出番ですよね!孫の役に立てて嬉しいよな!!最高だな!

また、昨年の今頃からカブトムシを育てていて、産卵~幼虫~さなぎ~成虫の観察をしていました。どちらかというと失敗寄りで、超お金が掛かったので、ふざけた失敗談が好きな方はお立ち寄りください。

robotech.hateblo.jp

結構、細かなところまで学習するもんだと思いました。昆虫は6本足です!それだけ暗記してください!ではなく、口の形、羽の枚数の違いまで掘り下げていて面白いです。また、どうやって調べると効率が良いか、自分らしい自由研究にするにはどうしたら良いか、にも触れていて、小学校の理科の授業がより一層楽しめそうです。班の発表の時には、是非ともリーダーシップを発揮していただきたいと思います。

 

社会のカリキュラム

メインテーマは「身近な歴史」です。4月号からずっとそうなんですが、Z会の社会は親父のために存在していると言っても過言ではないです。

体験学習として、家の中にある古いものを探します。長男は真っ先に任天堂Wii(2008年)と書いていましたが、我が家は貧しい家庭なので任天堂Switchが買ってあげられていません。というか売ってないんですよ。買ってあげたいけど売ってないから、だんだん買うのが面倒になってきまして。無言の抗議をする長男を無視して家の中を色々と探してみました。

f:id:Robotech:20210903214048j:plain

左上から、アメリカ合衆国25セント硬貨(2000~2009年)、スヌーピーの英会話本(1972年)、エックスの"破滅に向かって"初回限定版VHS(1992年)とPATAさん、ハイパーヨーヨー(1997年)です。探せば意外とあるものです。

f:id:Robotech:20210903214100j:plain

ソニーの超小型PC「VAIO U」(2002年)です。ぶっちゃけた話、持ち運ぶ前提のPCなので究極に使い勝手が悪かったのですが、大学生にとってカッコ良さは正義ですよね!当時はバイクのミーティングを企画していたので、MSNメッセンジャーをよく使っていた記憶があります。レポートはさすがに普通のパソコンでやってました。

f:id:Robotech:20210903214036j:plain

出るわ出るわ、皆様お待ちかねの実家に保管されていたバトル鉛筆(黒歴史)です。なにやら修正液を使って書き換えていますね。おやぶんゴーストがあらわれた.「二フラム!」キエル!。は?貴様なに言ってんの?我が家は貧しい家庭ですので、恵まれない私の息子達がこちらを使って勉強しています。その悔しさをバネに勉学に励み、将来普通の鉛筆が買えるといいですね。ちなみに幽遊白書を読んだことがありません。え?

身近な歴史を2つの観点で学習します。「道具や技術の革新で人々の暮らしがどうなったのか」と「どのようにして現代に受け継がれたのか(未来に受け継いでいくのか)」です。過去~現代~未来の流れが楽しいです。私は近年急速にジジイ化が進んでいまして、物を1つ手に取っては歴史を語りはじめ、順調に酒とウンチクに溺れています。そんな自分が大好きです。皆様もきっと私の事が大好きです。なので私も皆様の事が大好きです。は?

 

1ヵ月の学習サイクル

専用アプリのカレンダーを開くと、おおよその割り振りがされています。5月号から自分で考えてもらいましたが、自分のコンディションを把握しながら上手くやっています。1単元あたりの学習時間の目安は、公式サイトによると小学3年生は約40分となっています。実際には動画を見返したりするので、50分~60分を想定した方が無理がないと思います。

実際の学習計画と学習カレンダー

f:id:Robotech:20210903214013p:plain

国数理社の4教科を受講しているので、ほぼ毎日やることになります。7月号あたりから通信教育に慣れてきた様子です。通信教育は今日やりたいことを今日決められます。例えば、塾では曜日ごとに教科が固定されることがありますが、通信教育の場合は「今日は算数の予定だったが、今は理科の気分だから理科にしよう」といった具合に、やりたい教科を直前に決められます。これが今のところ長男の性格に合っています。夏休みということもあり、8月20日頃にはてんさくも終了しました。暇になった8月の後半は、4月号から7月号までの授業映像をもう一度見て復習していました。

f:id:Robotech:20210903214024p:plain

てんさく問題の提出は郵送も可能ですが、Z会MyPageの「ポストZ」を使うと便利です。てんさく問題が終わったらiPadで写真を撮影してアップロードするだけです。Z会の添削が終わるとアプリに完了した旨の通知がされます。およそ2~3営業日で答案が戻ってきます。

 

楽しいと言っていたこと

社会の体験学習です。引っ越しをすると古い物ってだんだん無くなっていくと思っていたのですが、上で紹介してない物から、紹介できない物まで、出るわ出るわです。STAY HOMEの夏休みだったので、宝探し感覚で私も楽しめました。

 

難しいと言っていたこと

算数の「概数」です。算数や数学の考え方って、人類が生きる上で何かしらの理由があって生まれたじゃないですか。概数って何で必要なんですか?概数を知っていると何が便利なんですか?をしっかりと理解して、四捨五入、切り捨て、切り上げと進みました。根本を理解する癖をつけるようにしないと、将来的には「は?微分積分?」「は?虚数ってなに?」となってくるのが予想でき、そこまで行けばまだ良い方ですが、算数って生きる上で必要ないしとか言っちゃう大人になると思います。いやいや、貴方が気付いていないだけです。貴方の理解が追い付いていないだけです。貴方が理解してないから気付いていないだけで、人間の世界は算数で作られていることが多いです。算数を知っていれば有利になることが多いです。

小学生なので、概数の考え方が分かると「ざっくり大きさを捉えられる」とか「計算結果の見通しが立てやすくなる」と説明しました。真面目な子は算数は正確さが最重要であると考える傾向にありますが、日常生活でそこまで細かな数字は必要ないよね?だいたいでいいよね?と理解してもらえばOKだと思います。このあたりはテキストを補足する必要があると感じました。

 

 

ロボテッチさんの中学受験小噺

中学受験の小噺です。子供の才能を伸ばすための環境づくりで、重要だと思うことを書いてみます。世間一般でよく言われるように、私も一番大事なのは子供と先生の相性だと思います。では、子供と先生の相性というのは具体的にどういうことなのでしょうか。

子供の習い事や塾選びで親が気にするポイントは、まずは実績、そしてカリキュラム、立地条件、あとは月謝あたりでしょうか。特に〇〇学校に合格〇〇名!〇〇大会出場!とチラシやホームページを見ると大きく書いてありますので、注目する方が多いと分かります。しかしながら、実際にやっている子供が最も大事にしているのは、先生が好きか嫌いか、楽しいか楽しくないかだけだったりします。

f:id:Robotech:20210905065334p:plain

「伸ばす環境づくり」と「先生との相性」で私が一番気にしているのは、子供が勘違いする環境が作られているかです。子供に限った話ではありませんが、人は勘違いで成長します。難しい算数の問題が解けた時にクラスみんなの前で褒められたことがあった。他の子は解けなかったが自分にとっては簡単な問題だった。自分は算数が得意だと気付いた。また褒められたいと思って宿題に加えて難しい問題にチャレンジした。走るのが得意ではなかったがサッカーを習うことになった。コーチから君はパスが上手だと言われた。サッカーは早く走れなくてもできると知った。足が速い子にどうやって良いパスが出せるのかを研究した。すごくかっこ良い先生がいた。その先生が出身の学校に連れて行ってくれたことがあった。先生と同じ経験をしたくて、同じ学校に行きたいと思った。

これらは、伸びる環境にいる子からよく聞く話です。え?そんなこと?たったそれだけのことで始まった好循環は、なぜか大人になるまでずっと続きます。勘違いをきっかけにモチベーションを維持し、他の人よりも強度の高い練習をし続ける環境が整っていたのだと思います。勘違いをさせてくれる環境には、「先生の技術」そして「先生との信頼関係」が必須です。習い事や塾はサービス業ですので、子供が伸びる環境を提供するのは「仕事」です。消費者はそのサービスに対してお金を払います。効果がなければ改善を求めますし、他のサービスを利用することもあります。家庭で親が子供に教える場合は、親が先生となります。上手くできているうちは、それに対してお金を払わなくても良い状態なのかなと思います。家庭ではできない状況と感じた場合は、親以外の指導者がいる環境を探したほうがいい気がします。という感じで、伸びる環境を作る上で選択の一助になれば幸いです。

robotech.hateblo.jp

 

関連記事

■細かなカリキュラムは資料請求をして確認してみてください。予想以上にしっかりとしたサンプルがすぐに届きます。

 

■Z会の中学受験コースを始めることになった経緯はこちらです。

robotech.hateblo.jp

robotech.hateblo.jp

■Z会の中学受験コース 小学3年生7月号のレビューです。

robotech.hateblo.jp


※こちらのiPadケースを愛用しています。軽くて持ちやすく、落として壊すリスクも減らせます。

※こちらのタッチペンを愛用しています。