ロボテッチ通信

その教育費、過払い金になってませんか?

【塾なし中学受験のコツ】小学3年生11月号:Z会の中学受験コースのレビュー


にほんブログ村 子育てブログへ

 

 

[目次]

 

小学3年生11月号の教材

Z会の中学受験コース(本科トータル指導プラン)では、小学3、4年生の2年間で、小学6年生までの教科書の内容を一通り学習するようです。タブレットの映像配信と紙のテキストを併用して学習を進めていきます。テキストは前月の下旬に自宅に届き、タブレットの配信は当月の1日からとなります。中学受験コースを謳うだけあって、かなり内容が濃いです。テキストが4冊だけ届くので、色気は全くありません。

f:id:Robotech:20210421210051j:plain

国語のカリキュラム

メインテーマは「せつぞく語を手がかりに文章を読みとく」「かん用く2」です。慣用句は先月に続いて2回目です。小学校でもちょうど習っているらしく、楽しそうにやっていました。慣用句は知っているか知らないかの分野ですので、一度聞けばイメージできるのではないでしょうか。記述大好きなZ会がイメージだけで終わらせるはずもなく、慣用句を使って頭の中で考えた出来事を文章にしていきます。毎週こんなことをやっているので、スラスラと書いていきます。文章表現は慣れですね。4月号の時は全然できませんでしたので成長を感じます。このブログのように、とりあえず頭に浮かんだことをひたすら書いてみる、それを叩き台にして修正していく。一文字目がだいたい辛いんですよね。なぜなら酔っぱらってるから。酒やめろ酒。

「せつぞく語」、接続詞?は論理的に文章を読み解く上では極めて重要な要素だと思います。順接、逆説、並列、添加、対比、選択、補足、例示、転換、と呪文のように並べてみましたけど、接続詞ってなんですかね。私の勝手なイメージですが、どちらかというと文章を書く側が読む側に道順を伝える言葉といいますか、リズム良く読めるようにサポートする言葉といいますか、そんな気がします。文章を書く側のテクニックを知ることで、文章読解力が向上するのだと思います。どっちがどっちでもいいんですけどね。例えばブログなんかを書いていると、文章のリズムが悪いと最後まで読んでもらえませんから、仕事で論文を書く時よりも気にしています。ちなみに最後まで読んでもらえないとセッション接続時間が短くなるので、という話は生々しいので割愛します(^O^)/

f:id:Robotech:20211210232058j:plain

通読の時点で、どこになにが書いてあるのかを塊で捉えられるようになりました。なりましたっていうか、かれこれ8ヶ月間も無給でマンツーマン家庭教師をやっている親が一番がんばっています。混乱させると本末転倒になりますから、オンライン会議の合間に授業動画も見てますし。家庭教師ではないですね、聞かれたら反応するスタイルなので「Siri」みたいなものです。なんか愚痴っぽく書いちゃいましたけど、そんなことは全然なくて、元々、私はこういうことが好きなのでストレスはゼロです。塾行く行かないに関わらず、サポート体制なくして成果は期待できないことも事実としてありますので、そんなこんなで逆に私が中学受験したくなってきました!長男と一緒に中学通おうかな。

 

算数のカリキュラム

メインテーマは「表とグラフ」「円と球」です。表とグラフは短時間でサッと通しで学習したほうが理解しやすいですね。学生の論文を見る機会があるのですが、とりあえず表やグラフを入れておけば説得力が増すっしょ的な感覚がビシビシ伝わってくることがあるので、しっかりと学習してほしいと思います。大人になった時も仕事(プレゼンや打ち合わせなど)で多用しますので、わりとお給料と直結する単元です。リーダー業には必須スキルですね。

  • 表:文字や数字を縦横で区切ってまとめたもの
  • グラフ:表の内容を視覚的に表現したもの

表は「数がはっきりわかる」、グラフは「多い少ないを比べやすい」と、それぞれの特徴があります。今月号では、表(度数分布表、相関表)とグラフ(棒グラフ、柱状グラフ、折れ線グラフ)を学習しましたが、もっと種類があることを伝えたかったので、Excelを活用して補足もしました。また、家に転がっているチラシやパンフレットや新聞を探せば、センスの良い人達が作った表やグラフは沢山ありますので、お金をかけずに表現方法のバリエーションは増やせると思います。

f:id:Robotech:20211211220047j:plain

上の写真は長男が幼稚園の年長の時のものです。今月号ではコンパスの基本的な使い方から、円の書き方、コンパスを使った三角形の書き方を学習します。長男はペーパークラフトが趣味で、日常的にコンパスや各種定規を使い倒しているので、復習を兼ねて丁寧に進めました。

robotech.hateblo.jp

来月以降のカリキュラムを見ると、図形がずらっと並んでいることもあり、得意分野が不得意分野にならないように基礎はしっかりとやっていきます。また、個人的には中学受験と大学受験で共通するのは「図形」「確率」あたりだと思いますので、それらが得意であれば後々のアドバンテージになります。少し工夫をすることで、遊びの延長で身につく単元なので、わりと安上がりです。机がボコボコになることだけ気を付ければ、興味を持つ子は楽しそうに遊び始めるので、コンパス定規セットを置いておくのもオススメです。

 

理科のカリキュラム

メインテーマは「曲がれ!カイワレダイコン」です。来ました、家庭菜園ネタ!来ました!!!カイワレダイコンを育てて観察します。

Z会の中学受験コースの理科では、体験学習に入る前に準備が必要なことがあります。例えば今回は、体験学習の5日前にあらかじめ途中までカイワレダイコンを育てておく必要があります。だいたい事前にアナウンスがあったり、道具は100円ショップやホームセンターで手に入ります。Z会の中学受験コースを検討した際に、そのことについてネガティブな意見をチラホラ見たのですが、この程度のことを手間と考える人…いや、言い方を変えます!こういったことを楽しめる家庭はZ会の中学受験コースに向いていると思います!このぐらいの準備で、本格的な実験が家庭でできる教材は単純にすごいと思います!おっと危なかったぜ。親が楽しんで取り組んでいる姿を子に見せ続けるのが、効果的、効率的、お金が余分にかからない育児テクニックだと思ってやっています。某通信教育みたいにキットにして送ってほしいってことだったのかな。

f:id:Robotech:20211211234131j:plain

なんせ、家庭菜園にハマっているとはいっても完全に初心者なので、後々どうなるのか分からなくて種を入れまくったのです。それは後々分かるとして、4つのケースにカイワレダイコンの種をまきます。あ、一応言っておきますけど、実験内容を全部書いてしまうとZ会に迷惑がかかると思ってダイジェストにしています。

f:id:Robotech:20211211234746j:plain

これを完全に真っ暗な状態で少し育てます。で、5日後の実験日を待ちます。

f:id:Robotech:20211211235418j:plain

5日後です。成長はやっ。ちなみに毎日写真を撮っていたのですが、紙芝居GIFにしたら気持ち悪い絵になったので省略します。それでは実験スタートです。

f:id:Robotech:20211211235612j:plain

こういうパターンと、

f:id:Robotech:20211211235614j:plain

こういうパターンで実験して、

f:id:Robotech:20211211235653j:plain

2時間後にこうなりました!説明が下手クソかよ!(三村) 色も変わりましたね!こんなにワサワサするとは思いませんでした!!!

というような実験をやった後に、植物が成長するには何が必要なのかを学んでいきます。この前後にプランターで家庭菜園を始めたので、タイミング的にはちょうど良かったです。

robotech.hateblo.jp

 

社会のカリキュラム

メインテーマは「くらべてみよう 電車・自動車・飛行機」です。鉄オタの長男、四輪車や二輪車を並べる私、この分野に関してはZ会よりも詳しい自信があります。毎月のように、いちいちZ会と張り合おうとしてるので、そのうちクレームが入りそうです。

タイミング良く遠方に行く野暮用が入りまして、長男も珍しく暇そうにしていたので、体験学習を兼ねて同行してもらいました。体験学習の内容は、どこに行くのか?によって、どんな乗り物に乗ったらいいのか?を考えます。電車、バス、タクシー、自動車、船、飛行機などなど、乗り物は沢山あるので、目的地によっての短所と長所をまとめます。自分が目的地へ行く場合から始まって、物を運ぶ場合はどう選択したらいいのか?につながっていきます。毎月のように言っていますが、結局のところは全ての中心にスーパーマーケットがあって、その商流が理解できると良いと思います。いや、本当に。だって島国だし。

robotech.hateblo.jp

 

1ヵ月の学習サイクル

専用アプリのカレンダーを開くと、おおよその割り振りがされています。5月号から自分で考えてもらいましたが、自分のコンディションを把握しながら上手くやっています。1単元あたりの学習時間の目安は、公式サイトによると小学3年生は約40分となっています。実際には動画を見返したりするので、50分~60分を想定した方が無理がないと思います。

実際の学習計画と学習カレンダー

f:id:Robotech:20211212001135p:plain

国数理社の4教科を受講しているので、ほぼ毎日やることになります。7月号あたりから通信教育に慣れてきた様子です。通信教育は今日やりたいことを今日決められます。例えば、塾では曜日ごとに教科が固定されることがありますが、通信教育の場合は「今日は算数の予定だったが、今は理科の気分だから理科にしよう」といった具合に、やりたい教科を直前に決められます。これが今のところ長男の性格に合っています。今月は水曜日をお休みの日にしたようです。学習計画の組み方は、完全に本人に任せられるようになりました。

 

楽しいと言っていたこと

今月号は電車ネタが多かったので社会です。長男は鉄オタなので鉄道全般が好きですが、中でも新幹線が大好きです。新幹線の停車駅は頭にインストール済みですし、元国鉄技師の島秀雄氏の関連本を読んだりしています。

f:id:Robotech:20211212010226j:plain

また、せっかく国語で文章読解を学んでいるので、興味がある分野を中心に読解力をガンガン鍛えてほしいです。難しい本が読めるようになると、勉強してよかったと素直に思えますよね。

 

難しいと言っていたこと

国語の読みとりです。長文になってきたのと、問題も難しくなりました。公立の小学校でやっている問題とは比べるまでもないのですが、4月号を振り返ってみると難化しているのがよく分かります。ただ、長男の読解力も順調にレベルアップしていますから、似たような選択肢でミスをしても落ち込まないようにフォローを強化しています。正誤判定がハッキリしている他の科目と違って、まぁ言いたいことの方向性は合っているんだけど、こう表現したらもっと良いよ!的なシチュエーションが多い科目ではありますので、言いたい事が読み取れるだけで自信持っていいと思います。○がもらえなかっただけで×ではありません。このあたりは何らかの受験経験があれば誰もが通る道ですね。

 

 

ロボテッチさんの中学受験小噺

中学受験の小噺です。早いもので小学3年生も終盤に差し掛かりましたので、ここで中学受験コースの学習を始めた頃を振り返ってみます。

我が家は、中学受験をする予定は現段階でもありません。ただ、後々に大学受験をすることになった場合は、中学受験レベルをやってきた人達と競わなければならないので、本人のやりたいことの邪魔にならない範囲で取り組んでいます。特に小学生の場合は、まだまだ学生としても始まったばかりなので、好きな分野を伸ばすことであったり、趣味に没頭することで、勉強することは楽しいことと認識してほしいと思っています。受験勉強は試験日で終わるかもしれませんが、学習することは一生続けていくことだからです。

書店で売っている少し難しい問題集をやっていた長男が「学校の勉強では物足りない」と言い出したことから始まっただけ。このことについては、この先、テストや模試の結果がどうであってもブレてはいけないと思います。そもそも中学受験を検討する段階の子供は、勉強のセンスがある、頭が良い、努力し続けることができる部類の子供です。子供は勝手に伸びるなんて雑な事は思いませんが、良い先生に出会ってタイミングが合えば指数倍的に伸びるポテンシャルを秘めています。その真面目さ故に、気が付いたら追い込み過ぎてしまうことがあると思います。

追い込みは最後の仕上げにやることですから、タイミングが早すぎたり長すぎたりすると普通にバテます。フルマラソンでもペースを上げるのは38km地点あたりからで、最初から全力疾走なんかはしません。むしろ38km地点までどうペースを作っていくのかが大事です。息抜き程度のつもりで始めたことが、気が付いた時には過呼吸になっていた、なんてならないように管理するのは、ある種の入れ知恵をした大人の責務だと思います。せっかく早くから始めたのですから、長期的に取り組めるよう本人の様子を観察しています。早く始めたのに早くバテていたら、なんかアレですからね。

 

関連記事

■細かなカリキュラムは資料請求をして確認してみてください。予想以上にしっかりとしたサンプルがすぐに届きます。

 

■Z会の中学受験コースを始めることになった経緯はこちらです。

robotech.hateblo.jp

robotech.hateblo.jp

■Z会の中学受験コース 小学3年生10月号のレビューです。

robotech.hateblo.jp

■Z会の中学受験コース 小学3年生12月号のレビューです。

robotech.hateblo.jp

 

※こちらのiPadケースを愛用しています。軽くて持ちやすく、落として壊すリスクも減らせます。

※こちらのタッチペンを愛用しています。