ロボテッチ通信

その教育費、過払い金になってませんか?

【任天堂Wii】我が家では15年前のゲーム機が大活躍している話


にほんブログ村 子育てブログへ

 

 

[目次]

 

はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと」。ということで、昔のゲーム機を振り返ってみます。

任天堂のWiiってなに?

だいたい同世代の方向けのブログなので説明は不要な気もしますが、任天堂のWiiというのは、2006年に任天堂から発売された据え置き型のゲーム機です。

まずは軽くテレビの歴史を振り返ってみます。たしか2000年頃にテレビが液晶になっていって、「薄型テレビ」と呼ばれた時代がありました。それまでのテレビは「ブラウン管テレビ」と呼ぶようになりました。薄型の液晶テレビは出始めの頃は高額で、遂に1インチ1万円を切った!なんて記事に驚いた記憶があります。「デジタルカメラ」「DVDレコーダー」「薄型TV」を「デジタル三種の神器」と習った記憶があります。なぜ、そんなことをネチネチ覚えているのか?というと、時事ネタの試験対策で暗記したからです!(^^)!

www.youtube.com

我が実家は山奥に鎮座していましたのでガッツリ21世紀にブラウン管テレビを持ちこみましたが、2006年頃には液晶テレビが一般家庭にも普及していたと思います。それどころか大型化がガンガン進んで32型 ⇒ 37型 ⇒ 40型!!おいおい、どこまで画面がデカくなるんだ!と、シティボーイには必須のアイテム、もとい、ギアではないかと!その結果、見栄張って6畳1間に40型テレビ置いていました。デカすぎて逆に不便だったり、夏は液晶が暑くてですね。

で、そこにコントローラをブンブン振り回す系ゲーム機の任天堂Wiiが登場します。今では考えられないほど高額なテレビに、子供がWiiリモコンを振り回して画面を割った、なんてニュースが話題になったりもしました。独り身だったので全然想像できませんが、暖かいリビングの雰囲気は一体どうなってしまったのでしょうか。おーい!Wii買ってきたぞ~!わーい、みんなで遊ぼー!!画面ガッシャーン!ふざっけんな!的な感じでしょうか。賑やかですね。ともあれ、Wiiというゲーム機は世界的に大ヒットし、世界で1億台超を出荷したそうです。ゲームの可能性を大きく広げたのではないかと思います。「思います」というのは、私は遊んだ記憶がないからです。

そんな15年前の伝説のゲーム機が、実家から我が家へ引っ越しをして大活躍しています。

f:id:Robotech:20210219214819j:plain

もうすこし掃除をしてから写真を撮ればよかったな。

 

家庭用ゲーム機の歴史を振り返る

私はそこまでゲーム好きではありませんが、テレビゲームの黎明期に少年時代を過ごしたので、独断と偏見で家庭用ゲーム機の歴史を振り返ってみました。一覧にまとめてみると、一度流行ったゲーム機は10年弱ブームが続く、という傾向が見られるような気がします。図のオレンジ枠が主力だったゲームという認識です。

1980年代(1980年~1989年)

ロボテッチさんはキレる若者世代なので、物心付いた時には既に「ファミコン」が自宅にありました。正確に言えば、ディスクシステムの上にファミコン本体が鎮座していました。初めて遊んだのは「スーパーマリオブラザーズ2」で、一番ハマったのはドラクエシリーズです。

f:id:Robotech:20210220174310p:plain

テクノロジーとは無縁な山村生まれで、幼少期は下駄を履いてさらに山奥の道場通いをしていた私ですが、ゲームを制限する家庭ではありませんでした。とはいえ、ファミコンショップ的なやつは、田舎の中でも都会?に行かなければ存在していませんでしたので、ずっと同じタイトルをやりこんでいました。

f:id:Robotech:20210220170849j:plain

1990年代(1990年~1999年)

1990年~1999年はゲーム全盛期、ゲーム全盛期と言えば1990年~1999年ですよね。それまでアーケードでしかできなかったゲームが家庭でも遊べるようになったり、毎月のように名作がリリースされました。スーファミでは「ぷよぷよ」「ボンバーマン」「ドンキーコング」「ドラクエ5」「桃鉄」「ストリートファイターシリーズ」「サムライスピリッツ」「川のぬし釣り2」…結構、買ってもらってました。裏技なのかバグなのかを楽しむ文化もありましたよね。大技林って本があってだな。

ドラクエ5で忘れられないエピソードがあります。ちょうどドラクエ5が発売される頃に、比較的大きな病気を患い入院することになりました。「何か欲しいものはあるか?」と、他人に優しく、自分にはもっと優しいアキオおじさんがお見舞いに来てくれました。「ドラクエ5が欲しい」と伝えると、なんと!発売日に病院まで持ってきてくれました!!スーファミのソフトって1万円ぐらいしたので、めちゃくちゃ嬉しかったです。が、ベッド脇にあるテレビは100円/1時間というお金を都度入れるシステムで、肝心のスーファミ本体は家にあるのです。なので、発売日の10月頃から春頃まで箱と説明書を眺める日々が続きました。病室の窓に目を向けると、コバルトブルーの空を色とりどりのパラグライダーが鳥のように舞っています。不思議とファンファーレが聞こえる気がします。みんなはラインハットまで無事に辿り着けただろうか。それが6ヵ月続きました。以上がドラクエ5のエピソードといいますか、晩年、酒と何かに溺れ気味になったアキオおじさんのエピソードでした。

f:id:Robotech:20210220174532p:plain

1994年に、テクスチャ付き3Dグラフィックを実現した「プレイステーション」をソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が発売すると、ゲームの進化がさらに加速します。名作中の名作といえば、1997年にスクウェアが発売した「ファイナルファンタジー7(FFⅦ)」です。その良さは全世界共通認識なので割愛しますが、特にオープニングの衝撃は永遠に忘れることはないと思います。その影響で、イケメンでもソルジャーでもないのにYAMAHAのVMAXというバイクにも乗ってました。

robotech.hateblo.jp

f:id:Robotech:20210220170652j:plain

我が家はゲームに寛容な家庭でしたが、ただ1度、「視力が低下するので連続して30分以上ゲームをしない」という唯一のルールを破ったことがありました。セーブポイントまで辿り着けなかったのです。翌日、プレステの電源ケーブルだけが撤去されていまして、自分に厳しく人に優しい母親の逆鱗に触れたことがありました。

2000年代(2000年~2009年)

ミレニアムイヤーにPlayStation 2が発売されました。このあたりからSCE一強時代がしばらく続くことになります。現存するブログで「ミレニアム」がごく自然に使われているのは、世界中を探しても当ブログだけだと思うので、簡単に説明しておきます。

ミレニアムとは、西暦を1000年単位で区切ったもので、西暦1000年や西暦2000年がミレニアムイヤーに該当します。1000年に一度のことなので、1999年頃に世界中がお祭り騒ぎになったのです。次にミレニアムで盛り上がるのは、西暦3000年を迎える頃になるわけですが、正直、無敵で最強の私ですら生きている自信がありません。きっと西暦2999年も、1999年12月発売の鈴木亜美9枚目のシングル「HAPPY NEW MILLENNIUM」が街中に流れ、日本中が盛り上がると思います。

www.youtube.com

アミーゴの笑顔は世紀末の混沌とした世界に光を届けてくれました。

f:id:Robotech:20210220141205p:plain

で、なんの話でしたっけ。そうそう、プレステ2がしばらくトップを独走していた時に、任天堂から「NintendoDS」や「Wii」が発売されて、再び王座を奪還したのです。たぶん。私は21世紀になってからはエレキギターと部活と受験勉強で忙しく、Wiiを買って遊んでいたのは5歳下の弟と母親でした。そして大学入学と同時に上京したので、実家にあったWiiに私が初めて触れたのは、15年の時を経た今。今初めてWiiで遊んでます!えっ?

 

Wiiのソフトを購入してみた

太鼓の達人、ウイニングイレブンなど10タイトルほど実家から持ってきました。しかし、私はWBCのメイウェザー選手と同じく、勝てる試合(ゲーム)しかしたくないので、絶対に勝てるソフトが欲しかったのです。この歳でわざわざ黒星を付ける必要はありませんから!!

f:id:Robotech:20210219213716j:plain

ということで、3つをメルカリで購入しました。

  • スーパーマリオブラザーズ・Wii  (¥450)
  • ボンバーマンランド (¥720)
  •  ぷよぷよ!  15th anniversary (¥800)

安いぜ!メルカリ!

問題です。捨てる神あれば拾う神ありってなんですか?答えは「メルカリ」です!出品者が捨てる神ならば、私は拾う神。ついに私は神の領域に足を踏み入れました。

 

↓↓↓↓ 超絶メルカリ初心者の私は、サランラップ電車で一世を風靡した、めるママっくすさんの「メルカリ情報発信ブログ」を参考にしてメルカリを始めました ↓↓↓↓

メルカリ情報発信ブログ

merumamax.hatenablog.com

 

15年前のゲーム機で遊んでみた

当然のことながら、HDMI端子には対応していないので、良く言えば目に優しそうなグラフィックです。淡い感じがGOOD!

f:id:Robotech:20210219214824j:plain

見てください、この楽しそうな表情を。完全に顔が隠れとるやんけ!

f:id:Robotech:20210219214838j:plain

やっぱり家庭用ゲーム機には子供を元気にさせる力がありますね。

 

Wiiはまだまだ遊べる!

小僧どもはそこまで任天堂スイッチを欲しがらないので、おうち時間の暇つぶしとしてWiiが大活躍しています。大人になった時に、ちょっと昔のゲームを知っていたりすると、年上の方との雑談で盛り上がれるメリットもあります。我が家にはちょうどいいゲーム機なので、さらにソフトを買い増ししました!!

f:id:Robotech:20211028113221j:plain

  • ドンキーコングリターンズ  (¥550)
  • マリオパーティー8 (¥450)
  •  スーパーマリオギャラクシー2(¥600)
  • 大乱闘スマッシュブラザーズ(¥550)
  • 星のカービィWii(¥500)
  • 戦国無双3(¥600)

これだけあれば十分ですね!!

任天堂スイッチ全盛期の令和の時代に、誰が新品でWiiを買うねん!と、画面の前のみなさんから総ツッコミ不可避のアフィリエイトも貼っておきます。スイッチと間違えて購入しないようにしてください。買ってもらっても全然OKですが!
ちなみに、小僧どもはそれぞれ自分専用のiPadを持っているのですが、据置型ゲーム機はリビングに華を添えますね。