ロボテッチ通信

その教育費、過払い金になってませんか?

【いつかは自給自足】サラダほうれん草の観察と幼稚園児がミモザサラダを作ってみた


にほんブログ村 子育てブログへ

 

 

[目次]

 

ぐぉぉぉぉぉ!!!!! 50日分の静止画を紙芝居にしたぜぇぇぇぇ!!!ブログ始めたばかりでキャラが安定してない風なテンションでいきます。

f:id:Robotech:20211129220928g:plain

 

サラダほうれん草を育てることになった経緯

2021年10月2日~11月21日までの約50日間、プランターで「サラダほうれん草」を育てました。Twitterで毎朝つぶやいておりました。園芸の先輩方との交流が毎朝の楽しみです。

どういった経緯で「サラダほうれん草」を育てることになったのか、といいますと、夏頃から「青じそ(大葉)」や「ミント」や「バジル」の家庭菜園にハマりまして、ホームセンターの園芸コーナーに通うようになったんです。ホームセンターの園芸コーナーって沼なんですよ。それはそれは深い沼なんです。ほら、私って沼系の趣味が好きじゃないですか。(車、バイク、カメラ、ウィスキー、釣り、ギター、熱帯魚、腕時計、筋トレ、株取引、スキンケア… たぶん卒業したくないんです。)

園芸コーナーという名の沼には、いつも年金jyukyuusya…おっと、急にワイヤレスキーボードの調子が悪くなりましたが、ナイスシルバーが徘kai…住み着いています。何度も同じ人に会います。だいたい家庭菜園の種がずら~っと並んでいる棚の前には、ステーションワゴンでやってきた風のナイスシルバーがいらっしゃいます。どんな種があるのかな?と眺めていると、右後方からナイスシルバーの視線を感じました。その時のことです。

「ほら、ここにサラダほうれん草あるぞ」と、ささやく声が聞こえました。その方のカゴには既にサラダほうれん草の種が入っていました。自然な流れで談笑しながらレジへ向かい、ピッ、袋はいりません、Tポイントカードは持っていません、QUICPayでお願いします、となった次第です。もう買う流れには逆らえないでしょ。孫キャラ歴35年以上、シルバーを狙っては「みなさまの孫はここにいます!」と飼い猫のように懐く私がシカトするわけないじゃないですか。町内会長ともマブダチなんですから。何の話!?そのうち国民園芸党で出馬します。ちなみに、この方の奥様はマルチ(畑を覆っている黒いフィルムみたいなやつ)を自在に操り、その魅力を沢山教えてくれたので、勝手に脳内でマルチの女と呼んでます。

robotech.hateblo.jp

 

サラダほうれん草の栽培のコツとポイント

f:id:Robotech:20211130232551j:plain

サラダほうれん草はプランターで手軽に育てられ、種まきから30日で収穫できて手軽です。私は50日かかりましたが。通常のほうれん草はアクが強いので下茹でが必要なのですが、「サラダほうれん草」は生でそのまま食べられます。ほうれん草にサラダが付くくらいですので、そんなの自動的に分かりますよね。若かりし頃のロボテッチさん(19)がブチギレてやめたスパゲッティ屋さんでも「サラダほうれん草のサラダ」は人気のサイドメニューで、サラダとしては価格設定が高かったためか、わりと高級なほうれん草というイメージがありました。美味しいですよね。店で頼むと量が少ないのでガッツリ食べたいですよね。

土づくり

f:id:Robotech:20211130232509j:plain

農業は土づくりです。と、マルチの女が言っていたので合っていると思います。ホームセンターには必ず「有機培養土」というオールマイティに使える土があります。パッケージに花や野菜がプリントされているやつです。それと、鉢底石と、粒状肥料を用意しました。沼ズブズブの方々は様々な種類の土を配合して、酸性とかアルカリ性とか育てる野菜ごとに考えるそうです。初心者の場合はこれで十分だそうです。いうてもプランターですしね。ということで、プランターに石と土を入れていくだけの単純な作業かと思いきや、ここでマルチの女テクが炸裂します。

f:id:Robotech:20211201224358j:plain

写真を撮り忘れたので、違うプランターになってます。そもそも底に石を入れるのは、土が浮いているような状態にしたいかららしいです。プランターの中の通気性と排水性を良くすることで、根腐れを防止します。底が隠れる程度に石を敷いたらネットを置きます。

f:id:Robotech:20211201224408j:plain

ネットの上に土を5cm程入れて、ここで粒状肥料を入れます。ホームセンターの有機培養土には、既に栄養素が含まれていますので、肥料のやりすぎにも注意します。なぜ、こんなタイミングで肥料を入れるのかというと、肥料は種から遠くに蒔くのがポイントとのことです。根は栄養のある場所を探し求めるので、育っていった時に根が広がりやすいとのことです。

f:id:Robotech:20211201224410j:plain

あとは土をどさっと入れます。上部はウォータースペースを考慮して2cmほど空けておきます。プランターの満杯まで土を入れないということです。買ってきたままの土はパッサパサなので、わりと多めに水を加えます。

栽培のポイント

ここでサラダほうれん草の情報を整理してみます。ほぼ1年中栽培ができるとのことですが、発芽温度や生育温度はどうなっているのでしょうか。

  • 発芽温度:15~20℃
  • 栽培適温:10~20℃
  • 種まき時期:真夏と真冬以外ならOK
  • 発芽日数:3~6日
  • 収穫日数:1ヵ月程度

ほうれん草って基本的には涼しい気候を好むイメージがありますよね。購入した種の袋にも、まきどき(9月上旬~11月下旬)と書いてあります。ただ、最近の10月はまだまだ30℃近い日もあるので少し心配です。種は沢山あるので、思い立ったが吉日、とりあえずやってみます!

種まき

f:id:Robotech:20211130233509j:plain

定規などを使って中央に1cm程の溝を作ります。そこに種を蒔いていきます。おう、おう、おう、おう!!手元見てるのかYo!?はみ出してんZo!!ボロボロとこぼれてるじゃねーかYo!!!

f:id:Robotech:20211130232743j:plain

一列に並んだ方が風通しも良く、間引きや追肥の作業がラクとのことです。ちなみに種ってだいたい黒とか茶色だと思うのですが、こちらは不自然なほど緑色です。少し調べてみました。市販の種がカラフルだったりするのは、消毒の際にあえて着色しているそうです。畑に病気を持ち込まないように種を消毒しましたよ、とか、種に農薬が付いているので食用にしないでね、という意味があったり、単純に何粒蒔いたのか分かりやすいように着色しているそうです。一粒の種を見ても色々な理由があって楽しいです。

種を蒔き終わったらササっと土をかけ、水をたっぷりとやります。一応、プランター全体を防虫ネットでトンネルしました。種に微量でも農薬が付いているので無農薬というのかわかりませんが、無農薬で育てるつもりなので!

間引き(1回目)

f:id:Robotech:20211203000215p:plain

東京の10月は全然涼しくないですね!見事に栽培適温(10~20℃)をオーバー気味で、育ちが遅い気がします。

f:id:Robotech:20211130233046j:plain

種を蒔いてから14日が経過しました。本葉が見え始めたので1回目の間引きをします。

f:id:Robotech:20211130233131j:plain

何のために、そして、どこを測っているのか不明なピクチャーではありますが、草丈は4.5cmです。たまに学生が持ってくる論文を眺めると、貴様は何を伝えたくてソレを測ったの?と思うことがあります。ただ測ったりグラフにすれば説得力が増すと勘違いしてませんか?この写真がまさに模範的なそれです。

f:id:Robotech:20211130233112j:plain

元気っぽい芽を残して、3cm間隔になるよう間引きをしました。

f:id:Robotech:20211130233233j:plain

一気にプランターが寂しくなりました。プランター側が育ちが良い、プラスチックトレー側が育ちが悪いってことになります。結構抜いたので不安だったのですが、やっぱり間引きするとガンガン成長していきます。間引き後には追肥をする!と書いてあったので、液体肥料を葉っぱにかからないよう注意しながら与えました。

f:id:Robotech:20211130232941j:plain

また意味もなく長さを測っています。7cmです。70mm。よしっ。何が?根が思ったよりも長いです。

f:id:Robotech:20211130233006j:plain

しっかり食べます。こちらの料亭で出てきそうなメニューは、「ブリ刺身の胡麻和え ~お父さんが家族のために頑張って育てているサラダほうれん草の1回目の間引きを終えて~」です。

間引き(2回目)

f:id:Robotech:20211204224124j:plain

10月の中旬以降になると栽培適温(10~20℃)になってますね!2021年は8月~9月頃、ほうれん草が不作で値段が高い!なんてニュースを見ました。長雨と日照不足が影響したようで、スーパーでは一袋¥250ほどになっていました。ところが、10月に入って天候が安定したのか¥120ほど、よく見る値段に落ち着いています。栽培するにはちょうど良いタイミングだったのかもしれません。

f:id:Robotech:20211130234929j:plain

種を蒔いてから1ヶ月後の様子です。1ヵ月経っとるやないかい!!1回目の間引きが2週間後だったので、それと比べるとだいぶ大きくなりました。葉もほうれん草っぽくなりました。もう少し大きくしたいのと、少し密集してきたので、ここで2回目の間引きをします。で、また液体肥料で追肥と土寄せをします。

f:id:Robotech:20211130234931j:plain

翌日です。おお?少し大きくなりました?気のせいですか?人間の目はすごくいい加減なので、角度や背景が変わると印象が変わるんですよね。そんな時、ものさしで長さを測れば違いがバッチリわかります。人類は物の長さを数値で捉えることができます。ところが、測り忘れました!うぉい!測るんだとしたらココだったんですよ。「サラダほうれん草の間引きの効果を検証するため、間引き前後の変化を観察した」なんつって、うまくまとまるんですよ。

違うんス、先輩!この週はマジで仕事が忙しかったり、子供の全国統一模試があったりして、朝一恒例の「おはようございます!」とツイートするために写真を撮ったあと、速攻で部屋に戻ってオンライン会議とか作業してたんス!言い訳してないです!早朝ランして、Twitterでおはようございます!して、仕事して、子供に勉強を教えて、子供を道場に連れて行って稽古して、Twitter見ながらお疲れっす!と晩酌して、風呂掃除して、洗濯物干して、それが毎日のルーティンなんです!振り返ると、ほうれん草の草丈を測る暇はありましたが、一言で言えば忘れました。

収穫

神々しさで話題って、サラダほうれん草を神々しいと言ってるのは貴様だけだよ。

f:id:Robotech:20211204231929j:plain

サラダほうれん草には関係のないイベントも記載しておきました。11月は雨の日が少なかったですね。栽培適温(10~20℃)にもビッタリはまってます。全然関係ないのですが、毎年11月後半の勤労感謝の日前後から急激に冷え込みますよね。大学の学園祭が毎年この時期にあり、夜通しドンチャン騒ぎする際にはダウンジャケットが必須でした。さらに、だいたい夜になると雨が降ってきて、ビール缶を震えながら持ってた記憶があります。そんなことはどうでもいいんだ。

f:id:Robotech:20211130232842j:plain

う~ん。ほうれん草!!どっから見てもサラダほうれん草!52日間かけて育てたサラダほうれん草です!!!収穫します!!!

f:id:Robotech:20211130232906j:plain

おう、おう、おう、おう!!!葉っぱがちぎれたじゃねーかYo!52日間かけて育てたんだから雑にひっぱるなYo!!

f:id:Robotech:20211130232551j:plain

52日間かけて育てたサラダほうれん草がこちらです。防虫ネットでトンネルしたおかげで、結構な美人さんです!!

f:id:Robotech:20211130233623j:plain

左側がスーパーで¥165で売られていたサラダほうれん草です。ブログのために買ったんですよ。べ、別に張り合ってなんかないっスけど、当然、並べて比較しますって。あれ?うちのやつ、なんか弱そう…。お父さん!お父さんが頑張って育てているやつよりも、スーパーで売ってるやつの方が大きくて奇麗!と次男(5)から言われながら、165円も自腹切った私の気持ちが分かりますか?その人になったつもりで答えなさい。答えは、52日間かけて作った人にしか分かりません、が正解です。

サラダほうれん草のミモザサラダの作り方

f:id:Robotech:20211130233732j:plain

若かりし頃のロボテッチさん(19)がブチギレてやめたスパゲッティ屋さんでも人気だった「サラダほうれん草のミモザサラダ」を作っていきます。作るのは主に次男(5)、サポートで長男(9)です。ちなみに「ミモザ」とはフサアカシアという花のことです。茹で卵の黄色がフワフワした黄色い花のように見えるから、そう呼ばれるようになったようです。ですが、ミモザは本来オジギソウのことを指し、誤ってフサアカシアがミモザと呼ばれた話は興味があったら自分で調べてください。

f:id:Robotech:20211130233809j:plain

食べやすいサイズに切っていきます。サラダなので見た目重視で根元をガッツリ切り落としましたが、根元は栄養があるので他に使いました。

f:id:Robotech:20211130233831j:plain

遠心力を使って水分をよく切ります。

f:id:Robotech:20211130233914j:plain

カット済みの52日間かけて私が育てた方です。

f:id:Robotech:20211130233939j:plain

カット済みのスーパーに売られていた¥165の方です。確かに色も大きさも違います。ちょっと固めです。

f:id:Robotech:20211130234001j:plain

ベーコンを切っていきます。縦に4等分にしました。

f:id:Robotech:20211130234024j:plain

少し多めにオリーブオイルを入れて、カリカリに焼いていきます。子供が食べるので、ベーコンの味付けだけで勝負します。

f:id:Robotech:20211130234043j:plain

ゆで卵をフォークで潰していきます。2回ほど、ゆで卵が椀の外にすっ飛びました。

f:id:Robotech:20211130234109j:plain

ミモザの花のようになるまで潰していきます。

f:id:Robotech:20211130234159j:plain

ベーコンが良い感じに焼けたので、サラダほうれん草が入った皿へ、油ごと直に注いでいきます。

f:id:Robotech:20211130234218j:plain

ミモザの花のようになった卵も入れていきます。

f:id:Robotech:20211130234244j:plain

そこにミックスナッツを加え、軽くコショウをガリガリすると、オシャレに仕上がります!!旨そうです!

f:id:Robotech:20211130234242j:plain

こちらがスーパーで買ってきたバージョンです。こちらもこちらで旨そうです!

f:id:Robotech:20211130234304j:plain

2種類のスパゲッティを作ったので、2種類のサラダほうれん草のミモザサラダを盛りつけます。ということで、食べ比べていきましょうか。

f:id:Robotech:20211130234614j:plain

結論、どちらも旨いそうです!!!私は、52日間かけて私が育てたやつの方が旨いと感じましたが、これってドラクエ5でいうところの、ビアンカとフローラのどっちを選ぶ?って話と似てると思います。私はビアンカを選びます、という話でした。アディオス!

 

■ あわせて読んでください (^^)/

「アイスミント」と「スイートバジル」編です。

robotech.hateblo.jp