ロボテッチ通信

その教育費、過払い金になってませんか?

【かすみがうらマラソン2022】サブ4ランナーがガチでサブ3.5を目指してみた⑧【レース当日】


にほんブログ村 子育てブログへ

 

 

[目次]

 

■ ↓↓↓↓前回記事はこちらです。必ず復習をしてから読んでいきましょう。は?

robotech.hateblo.jp

応援してくださった皆様!!

ごめんなさい!!

サブ3.5には届きませんでした!!

通常、こういった記事は結果がどうだったかを後に書くものだと思いますが、

一生懸命がんばったんですけど、ダメでした!!

 

本番へ向けて最終調整

さてさて、本番まであと1週間となりました。本番3週間前から疲労抜き期間に入っていて、強度を落とさずに距離の短い練習へ段階的に進めています。この1週間は最終調整です。今のところ絶好調です。一体、本番はどうなるのでしょうか!?ごめんなさい!サブ3.5はダメでした!!!ぶっちゃけ、いけると思った瞬間は何度もありました!罰ゲームは考えてなかったんですけど、ちょっとぐらいの汚れものならば残さず全部食べてやる!by桜井和寿

驚くほど順調に進んだ調整

本番3週間前の週の合計走行距離は68.5kmでした。これを基準として、疲労抜き1週目は前の週の20%減(51.5km)、疲労抜き2週目はさらに20%減(39.0km)で練習メニューを組み立てました。最終調整の週は長くても1日8km迄に抑え、間に休足日を挟んでいきます。

ここで怪我をすると悲しいですから、ジョギングでしっかりと体を温めた後に、本番のペースで5km走りました。いい感じです。ずっとこのペースで刻めそうです。かなり満足な仕上がりだったので、前日は思い切って休足日にしました。

合計821.5kmを走った

結果的にはダメだったんですけど、どのくらい走ればサブ3.5に届くのか、何かの参考になればと思い少しまとめてみます。あっ、ダメだった人の話は参考にならないか!Oh darlin 夢物語by桜井和寿

  • 1月:218.6km
  • 2月:253.4km
  • 3月:260.0km
  • 4月:88.6km (4/16まで)

本やネットで情報収集すると、だいたい月間走行距離200~250kmと書いてあるのを目にします。ダメでしたけど、私もそのぐらいの距離になりました。

サブ3.5はランナーの上位10%らしいですから、目指す方々は既に何かしらの基礎があると考えるのが普通です。センスがあって効率的に練習ができる人もいれば、時間がない人もいたり、私のように遊んで生活している人もいます。ですから、月間100kmでOK!とか、いやいや月間300kmは走らないと!とか、スピード練習なんかいらない!とか、スピード練習はやっただけ早くなる!とか、ロング走やらないと最後まで走れない!とか、ロング走は足に負担なだけだから意味ない!とか、受験勉強の情報と同じように100人に聞けば100通りの意見が返ってくるものです。

なので、まずは日々の練習で自分の現状をある程度把握すること。そして、自分に合っているだろう情報を探して、それを信じてひたすら努力するのが近道だと思います。情報が得られるかどうかは運とか縁の話で、ただ決めるのはいつだって自分です。人のことを気にして一喜一憂してたら上位10%なんか目指せません。結果的にダメでしたけど、一応は本気で頑張ったので急に真面目な話をしてしまいました。誰だってそう、僕だってそうなんだby桜井和寿

VO2Max(最大酸素摂取量)も57になって、もうすぐメーター振り切れそうです。この数値が高いと、強度の高い練習をより長く行うことができるらしいです。一生懸命練習して上位5%をゲットしてるんだから、本番がんばらなかったってことになるのか、いや違う。Oh darlin このわだかまりby桜井和寿

この期間にあったあれこれ

大会の前日に弟の結婚式でカーボローディングをしました。カーボローディングというのは、主に持久系の競技で前もってエネルギーを体に蓄えるために、本番の数日前から炭水化物(糖質)を多めに摂取する方法のことです。

ただ、私の場合は年始から100日ほど、塩油砂糖カットの離乳食みたいな食生活をしていたので、普段の食事に+おにぎり1個くらいを目安にしました。披露宴の食事は何千億カロリーあるんでしょうかね。残さず全部食べましたby桜井和寿

減量生活は13週間が経過

かすみがうらマラソンにエントリーをした当初、体重は71.5kg、体脂肪率は14%前後でした。何度も言いますけど、太ってはないものの、マラソンに適した体型とは思えなかったので、本番までに7.5kg減らすことを同時進行しています。

97日間で8.1kg減らしました!体重別競技を長いことやっているので、そもそも減量には慣れてますから、辛かったですが完全に計画通りに進められました。こんなクレイジーな減量に興味はないと思いますが、例えばダイエットをしたいと本気で思った時には、運動よりも食事を気にしましょう。感覚的には、運動:食事=2:8です。Twitterには毎日の食事と経過を投稿していましたので、1日10km以上走っているクレイジーでも食事をかなり気にしないと体重は減らないという事実は伝わりましたかね!君が僕を疑ってるなら、この喉を切ってくれてやるby桜井和寿

robotech.hateblo.jp

かすみがうらマラソン当日を迎えた

テンションも上がりきってます!ただ、今日はテンションを抑え、4'50"/kmペースで42.195kmを走ることだけを考えます。果たしてどうなるのでしょうか!?ごめんなさい!サブ3.5はダメでした!!!

AM7:00に霞ヶ浦に到着した

マラソン大会の会場には何時に着いていればいいのか、毎回悩みます。だいたいスタート時間の1時間半前に着くことを目安にしていますが、今回は2時間50分前のAM7:00に会場入りしました。初めての大規模な大会なので、家で緊張しているよりずっとマシです。高速道路もガラガラで良かったです。

少し離れた駐車場に車を止め、会場までは徒歩で移動しました。今日一緒に走るだろう仲間がポツポツと歩いていて、どうやら会場へ向かっている感じだったので、何の疑いもなく付いて行きます。これで全然関係ない人たちだったら大笑いですね!だっせー!

完全に偏見なんですけど、マラソン大会に早く来る人達、この時間帯は独りぼっちランナーが多いです。さみしー!逆に感染症対策バッチリじゃん!どうせ深夜早朝に独りぼっちで練習してたんでしょ?今日も独りで来て、独りで帰るんでしょ?イヤホン付けてるのに、土地勘なくて不安だから実は音楽流してないでしょ?「終わったら居酒屋どうっスか?」のゾーンを通過する時、「あ゛?ボッチが居酒屋なんか行くかよ?」ってオイ!ビラも渡されないんかい!ビラは渡しとけよ!独りで行く確率2%くらいあるじゃん!感染症対策バッチリじゃん!(2回目)しっかし、ボッチ率高かったな(^_^)/ 僕だってそうなんだby桜井和寿

日差しの強い太陽に薄っすらと雲がかかっています。AM7:00現在の気温は10℃。スタート時間AM9:50の気温はなんと14℃の予想です。これは暑い!私がフルマラソンを走る時期は12月~3月上旬なので、4月中旬は初めてです。4月中旬だと、ほぼウルトラマラソンのシーズンですね。

霞ケ浦は、スマホカメラで適当に撮っても良い写真が撮れます。かっこいい教会?があったので、あえての逆行でパシャリ!走り終わった後は観光ができる状態ではなさそうなので、また次回ゆっくり散歩してみたいです。釣り竿を持っていこうかと思ってたんですけどね。あ、今週のお題「好きな公園」←え!うそでしょ!ここで!?

会場入りからスタートまで

会場を軽くブラブラして、お世話になる茨城県警の方々にご挨拶してきました。ご挨拶というか、完全にバイクの仕様を確認しに行ってるだけなのですが。私は白バイ大好き人間なので、白バイの全国大会も応援に行ったりします。箱根駅伝は母校が出場することはないので実は全然見てないのですが、六郷橋で警視庁と神奈川県警が交代する所だけは毎年楽しみにしています。あ、調べたら随分前に1度だけ出場してたらしいです!

会場は野球のグランドなのかとても広く、空いている所を見つけて座ります。私はAM7:30から少し高台の良い位置に陣取っていて、レジャーシートを広げてゴロゴロしてルナシーとグレイとラルクアンシエルとエックスジャパンを聞いてました。

AM8:30になると、だんだんと人が増えてきました。写真の下半分にモザイクをかけたのは、カメラを構えた時に一斉におっさんが着替え始めたからです。

9時50分!スタートの号砲!!!

結果は11分41秒届かず!残念!!さてさて、負け試合の分析を始めます!!!妙なプライドは捨ててしまえばいい!そこからはじまるさby桜井和寿

スタートから15km地点まで

かすみがうらマラソンの最大の難所は、スタートからすぐに現れる30mの上り坂です。今回のレースの最大の失敗はここにあります。フルマラソンの参加人数は例年より少ないとはいえ、およそ7000人とのことです。この坂道はスタートしたばかりに位置するため、超絶混雑すると聞きました。しかも、私はCブロックに間違えて並んでいたため、Bブロックの一番後方からスタートすることになりました。ということは、3000人抜いたってこと!?我ながら凄過ぎる( >д<)

やはりこの坂は、前情報の通り超絶混雑もしていましたし、前の方々がみんな坂を歩き始めた時にはかなり焦りました。え!歩くんスか!?うそでしょ?と叫びたくなりました。歩いている人が多すぎて抜くに抜けない状態です。ただ、ここはイライラせず、この先1kmごとのラップを10秒縮めていけば挽回できると、自分に言い聞かせました。たかが1分40秒程のロスですから、10kmで取り戻せると考えたのです。結局は、混雑を抜け出すまでに5kmもかかってしまいます。

16kmから30km地点まで

前述の上り坂を過ぎると、平坦な道がしばらく続きます。好タイムを出すにはここでスピードに乗ることが重要と、YouTubeで予習したことを思い出します。しばらく冷静に4'58"/kmのラップを刻めました。が、24km地点で足が上がらなくなり、もう想定したペースに戻ることができなくなりました。自分で思っていた以上にオーバーペース気味だったということです。かなり日差しもきつく暑かったことも原因と考えられます。ここからは気持ちで走ります。もう気持ちのターンに入る!?

30km地点のエイド(給水所)ですごい光景を目にしました。体を冷やすために頭から水をかぶる人はたまにいるのですが、なんと!ポカリを頭から浴びてるオッサンがいました!!たしかに水なのかポカリなのか分かりづらいけども!!

「おっさん!それポカリやで!?」と関西弁でツッコミ入れましたけど、東北人の関西弁は届くことがありませんでした。ちょっとクスクス笑いが起きたので、性格に問題がある私はさらに悪ノリしてしまって、「糖質を体に付けると疲れない効果とかあるんスかね?」と隣にいた知らないオッサンに言うと、「帰りは体中ベタベタだな!」と返してくれました。悪い顔してたな。他人の不幸をツマミに良い酒が飲めそうだぜ。

31km地点からゴールまで

30km地点を過ぎると、完全にバテた足は更にペースダウンしていきます。この時点からゴールまでずっと考えていたことは、絶対に止まらないこと、それと、サブ4ペースの5'40"/kmを越えなければ3時間45分切りは達成できること、その2点だけです。今思えば、気持ちなどと言う昭和の体育会系魂だけで18kmも走ったことに関しては自分で自分を褒めたいです。一度も止まらず、3時間41分41秒でフィニッシュしました。

 

今回のレースを振り返って

やはり24km地点でもうキツかったです!私は頭が良いので瞬時に逆算ができちゃうのですが、無理かなと思ったのも24km地点でした。そこから18kmは気持ちで走りました。気持ちのターンに入るの早すぎ!?本番はなかなか想定通りにはなりません。自然相手でやってますからね!これこそがフルマラソンの怖さでもあり、楽しさだと思います。今回もそうですが、たまにタイムには裏切られたりしますけど、裏切るのはタイムだけです。積み上げた練習は本番で私を裏切りません。

高度を見ると、ボコってなっている部分が上り坂と下り坂なんですけど、ここで足を使い果たしたと分析します。ペースが緩やかに落ちたのも24km地点からです。思ったより心拍に余裕があったのは意外でした。ここからも足だけがバテていたことが分かります。

 

フルマラソンを走った後の変化

フルマラソンを走った後、人はどうなるのでしょうか。走ったことがある方からは共感を、走ったことがない方からは冷めた目で見てもらいたいです。

こちらが42.195kmを走り終えた直後、なんともコメントしづらいオッサンの足でございます。微妙に水浴びオッサンのポカリが地面に跳ね返ったので、ほんのりベタベタしてます。文字通り、足が棒になっているわけなんですが、怪我をしたような後々引きずりそうな痛みは幸いありません。

レース当日の朝、食事後に計測した体重は63.7kgでした。レース後から帰宅するまでに500mlの水を2本ガブ飲みして63.1kgになりました。さて、フルマラソンを走ると何Lの水が抜けるのか計算しなさい。正解は、レース中に何度かジェルや水を補給していてよく分かりません!単純計算で2.0Lぐらい?

マラソン大会では、「走った後のビールが旨いぜ!」的なTシャツのランナーを最低5人は見ますけど、私はマラソン後にビールを飲む元気がありません。胃腸的な話です。酒飲みなのに、酒を見たくないです。が、何かの間違いでビールをプシュってしまったので、ビールはサブ3で抑えました!外で飲む気にはならないけど、全然いけるじゃん!

フルマラソン翌朝にリハビリウォークをしてきました。おっそ。それでも昨日は足が速い方の人だったのに、おっそ。ラジオ体操組の先輩方に追い抜かれると、逆にハッピーな気分になってきました。次の日にはジョギングできていたので、怪我がなくて本当に良かったです。

できたこと、できなかったこと

約100日間の練習期間と本番レースで、できたこと、できなかったことをまとめてみます。

  • フルマラソン3時間30分以内 ⇒ ダメだった!
  • フルマラソン3時間45分以内 ⇒ できた!
  • 一度も止まらずにゴール ⇒ できた!
  • 体重72kgから64kgまで減量 ⇒ できた!
  • 酒塩油砂糖カットの食生活 ⇒ できた!
  • 満足いくまで練習 ⇒ できた!

1km、5km、10km、ハーフマラソン(21.0975km)、フルマラソン(42.195km)の記録はこの期間で全部塗り替えました!レベルアップは日々感じてましたよ。

フルマラソン3時間半切りは、私の場合は100日程度の努力では全然ダメでした!でも、少しは近づけたと感じる瞬間もあったので、もう一回がんばってみます!

ちょうどこの期間に冬季のオリンピックがあり、尊敬しているアスリートの方が「報われない努力」と口にしたことがありました。彼のインタビューで心に刺さったことがあります。それは「報われない」と繰り返した回数と同じくらい「一生懸命やった」と自分で言っていたことです。

もちろん私は世界の1席を競った経験はありませんけど、平均寿命の半分程は生きていますから、結果がどうなるのか分からない状態で一生懸命がんばったことはあります。結果が伴わなければやる意味がないとの見方もあるかもしれませんが、一生懸命がんばっていると、同じ目標に向かってる人と出会えます。親切に教えてくれる人と出会えます。応援してくれる人と出会えます。結果は残らなくても、一生懸命やったという過程は残ります。わりとそれだけで人は輝ける気がします。もしかしたら次があるかもしれません。私がまだ小さかった頃にはそう言ってくれる大人が周りには沢山いて、今勝負なんかしなくても良いと言ってくれる先輩が沢山いて、たぶん私はもうそっち側の立場にいなければならないんだと思います。

ということで、ここから約200日間、練習を続けます!自分で言い出したことはやり切りたいです!センスも才能もなさそうですけど、倍やればいけるっしょ!たまに酒は飲もうと思いますけど!たださ、体が大きい人が当たり前に勝つ武道と、体が軽い人が当たり前に早いマラソンを両立するのがマジで大変なんですけど、自分らしさの檻の中でもがいているなら!誰だってそう!僕だってそうなんだby桜井和寿

 

そんな感じで、2022年11月13日の午前9時00分までやっていきます!(^^)!

www.tsukuba-marathon.com

 

誰も見ない関連記事

全然関連していない記事ですけど、個人的に面白いと思って書いていますので、きっと面白いと思います!!

 

■【ストーリーを描く】1年でフルマラソンのサブ4ランナーになるためにやった1つのこと

robotech.hateblo.jp

 

■【進化的獲得】霊長類ヒト科における負荷と休息とイケメンと私

robotech.hateblo.jp

 

■最初の記事はこちらです。

robotech.hateblo.jp

 

■前回記事はこちらです。

robotech.hateblo.jp