ロボテッチ通信

その教育費、過払い金になってませんか?

【高校数学B:帰納法と演繹法】モテるためにギターを始めた人が、ほとんど挫折していく理由の推論【前編】


にほんブログ村 子育てブログへ

 

 

演奏人口が多い楽器って何ですか?と聞かれれば、ギターと答える人が多いほど、ギターはとても人気な楽器です。しかしながら、人気の高さ故なのか挫折する人も多いと聞きます。自分の手が小さいから、とか、Fコードが押さえられなかったからとか色々と理由があるようです。

 

[目次]

 

※今回の記事は、センシティブな内容が含まれている可能性があります。※

 

この記事を読んで分かること

  • ギターを始める理由はモテるためなのか。
  • ギターを練習すると本当にモテるのか。
  • ギターに挫折した理由はモテなかったからなのか。

今回は、高校数学Bで習ったりする、帰納法(きのうほう)と演繹法(えんえきほう)を上手く使って、「モテる」「ギター」「挫折」の3つのワードの関係性を論理的に説明していこうと思います。

 

帰納法と演繹法について

ふざけた話をクソ真面目に展開する場合、あらかじめ確かな技術の上に成り立っていることをアピールする必要があります。そうでないと普通に頭のおかしな社会不適合者のナルシストと思われる可能性が非常に高いので、軽くですが、高校数学Bでお馴染みの帰納法と演繹法について説明します。

物事を客観的に見ること、情報を整理して相手に伝えること、こういった考え方のことを論理的思考(ロジカルシンキング)と呼んだりします。ビジネスでは「うんうん。で、結局なにが言いたいの?」と言われない為のスキルでもあるので、とても重要とされています。おそらく、どんな資格よりも食っていける可能性を秘めています。その大事な大事な論理的思考の中に、帰納法と演繹法という考えがあります。

帰納法(きのうほう)とは

超簡単に言えば、具体例を集めてすべてに共通する法則を見つける方法です。

  • 【例1】ロボテッチさんは自分で勉強ができると言っている。
  • 【例2】ロボテッチさんは自分で強いと言っている。
  • 【例3】ロボテッチさんは昼夜問わず酒ばかり飲んでいる。
  • 【例4】ロボテッチさんの使っている絵文字が古くてダサい。
  • 【例5】ロボテッチさんの周りには人の気配がない。
  • 【例6】ロボテッチさんは朝3時半頃に起きて近所を徘徊している。
  • 【例7】ロボテッチさんはバラが好きすぎて庭で育てている。
  • 【例8】ロボテッチさんはハーブが好きすぎてハーブ園に投資している。
  • 【例9】ロボテッチさんは単身者のような自由な生活をしている。
  • 【例10】ロボテッチさんは仕事をしている気配がない。

⇒上記は社会不適合者のナルシストの性質と酷似している。ゆえに、ロボテッチさんは社会不適合者のナルシストである可能性が極めて高い。やかましいわ。

演繹法(えんえきほう)とは

超簡単に言えば、一般的なルールと事実を関連付けて結論を見つける方法です。3段論法と言えば聞いたことがある方もいるのでしょうか。A=B、B=Cが成り立つ時、A=Cという結論に至るという感じです。

  • 【大前提】良いブログは、楽しくて勉強になります。
  • 【小前提】ロボテッチさんのブログは、良いブログです。
  • 【結論】ロボテッチさんのブログは、"いつも"楽しくて"とても"勉強になります。

そんなわけあるか。(総ツッコミ不可避)

 

ギターを始めた人が挫折する理由

本題に入っていきます。いまいち着地点が定まらない話題なので、帰納法で論理的に考えていきたいと思います。帰納法はある程度の結末を先に考えて、その結末に向かうように考えていく方法だったりします。なので、このような結論になると仮定します。

  • モテるためにギターを始めてみたが、モテなかったからギターをやめた。

大変申し上げにくいのですが、やっぱりこれに尽きます。自分の手が小さいとか握力がないとか色々と好き勝手言いますけど、それらは何ら関係ありません。手が小さい女性でも子供でもギターは弾けます。事実として、ギターではモテなかったからHard〇ffで安く売却するんです。Hard〇ffには、かつてモテなかった人が所有していた「新品同様のギター」で溢れています。それを求めて、ギターでモテたい人が次々とHard〇ffに押し寄せてきます。このループは無限に続くのです。まるでクローズドリサイクルです。

では、実際にモテるためにギターを始めた人がどうであったか、そのあたりを詳しく観察していこうと思います。

  • 中学生でギターが弾けた人はモテたのか。
  • 高校生でギターが弾けた人はモテたのか。
  • 大学生でギターが弾けた人はモテたのか。

⇒ここまでを観察して、大人でもギターが弾けたらモテるのではないか、ギターはやっぱりモテる楽器ではないか、と、確認していきます。

ソースは中学生からギターを始めて20年以上弾いている私です。

 

ロックとの出会い、ギターとの出会い

ギターを弾いている人を見たり、それがギタリストであると知ったのは小学生低学年の頃です。きっかけは、田舎の港町でブイブイ言わせていた(死語)アキオおじさんがエアロスミスのファンだったからです。

初めて見たギタリスト

魔改造されたマークⅡのオーディオから爆音が、家のブラウン管テレビからライブ映像が流れていました。なので、ギタリストとはエアロスミスのジョーペリー氏であるというベースができ上がりました。とにかくかっこいいので、一番好きな曲「Eat The Rich」のライブ映像を貼っておきます。※一応、ヒョウ柄ダメージジーンズの人がジョーペリー氏です。

www.youtube.com

これ見始めるとブログ書くのが進まないんですよね。ちなみにアキオおじさんの現在はというと、毎朝、柴犬3匹を連れて散歩するのが日課になっているようです。

199X年、時はバンドブーム

私は現在30代後半なので、1990年代の日本のロックバンドを良く聞いていました。田舎の中学だったのですが、クラスの誰もが何らかのバンドのファンという状態です。エックス、GLAY、ラルク、ルナシー、B'zあたりが人気で、テレビで見ない日はありませんでした。あ、全部のバンドは書ききれないので書いてないだけですからね。あと順番も思いつきです。一応言っておかないと、この年代の方はすぐにキレて手に負えなくなりますから。ちなみに私は、エックスとGLAYとラルクとルナシーとB'zのファンでした。どれか1つに絞れ!と部活の先輩の如く圧力をかけられたならば、エックスのhideさんのファンと言います。

f:id:Robotech:20210710072813j:plain

こんな記憶があります。田舎の公立中学校だけかもしれませんが、女子がスクールバックにポスカでJIROと書いてました。JIROってマシマシ系のラーメン屋じゃないですよ。某GLAYってバンドのベースの方です。

f:id:Robotech:20210708091009j:plain

※イメージです。嘘ついてないです。話盛ってないです。スクールバッグをこんな風にしちゃった結果、校則違反なのではないかとか、ウチらの自由だろとか、後輩のクセにJIROって書きやがったとか、それらを生徒総会で揉めたりしたんです。個人的には、校則違反の前に美的センスを疑いたく嘘です!なんでもないです!斎藤先輩だけは連れてこないでください!子供を私立に行かせたくなる気持ちが高まりますが、ずっと公立故のネタが豊富なのも飲み会で盛り上がって良いですよ!公立か私立か悩んでる方は、こういった事例があることも考慮してください。私は空気として扱えるタイプなので、どっちでも良い派です。(急に真面目な話)

 

そもそも、なぜギターが欲しくなったのか

なぜギターが欲しかったのか、それはモテたかったからです。ですよね~

中学2年生の夏の日の199X

クラスの仲良しグループで、都市部の七夕祭りに行きたい話が出ました。私は、学校の後に部活、からの出稽古、からの宿題および復習と、夜遊びするタイプでもなかったので、いまいち勝手が分からず、誘われたら行こうかと思ってました。

わりと皆から人気のある子がグループいました。「いこうぜー、いこうぜー」みたいな雰囲気の中、その子は少し悩んだ末に「ロボテッチ君が行くなら行ってみたい」と言ってくださいまして、まー、いちいち言う事でもないですが、つまりそういうことなんだと確信しました。シンプルな分岐なので、簡単なExcelの数式レベルで恐縮です。=IF("ロボテッチさんが行く","私もいく","私は行かない")ということです。一般的に人気のある女性ってのは、学業に専念できてないレベルの人の誘いには乗らないんですよね。セブンティーンの読者の質問に答えるコーナーに書いてあったんで間違いないです。貴様らみたいなチャラチャラ遊んで貴重な時間を浪費している人よりも、最終的には地道に努力している人が評価されるんですよ、と上から目線ですみませんって感じです。

祭りの帰り、やっぱり2人だけになる区間がありまして、青春的な流れになりました。おっさんの、それも20年以上前の恋バナに興味はないと思うので割愛しますが、私は単なるボディガード要員だったみたいです。ぐはっ。サッカー部のなんとか先輩っていう、イケメンで勉強もスポーツも、更にはピアノもできる人が好きとのことでした。マジでサッカー部って一体なんなんですかね。一体なんなんですか?サッカー部なんなん?以前の記事でもサッカー部をディスりました。

robotech.hateblo.jp

例えばギターが弾けるようになるとか?と、気が付けば、青春的な流れから一転、カウンセリングがスタートしました。え?フラれて速攻でカウンセリング始まるの?って感じですけど、なるほどなるほど、文武両道なんてもはや20世紀の古い考えで、+αで芸術もやりなさい、と。確かに勉強以外の時間は、人を殴ったり蹴ったり投げたり締めたりしてるだけですからね。動物かよ、どこのサファリパークだよって感じですよ。超参考になります。五臓六腑に染み渡ります。大人になってから分かったことですが、例えばクルーズ船の船長はイケメンで語学も堪能で、勉強もできて、スタイルも良くて、そしてサプライズなんつってバイオリンも演奏します。そっち側の人間になりなさいということです。

女性の皆様は温かい目で見守りながら読み飛ばしてください。こんなブログを現役中高生の皆さんが読んでるとは思いませんが、青少年のみなさん、己の可能性を最大限に高めてくれる女性を探して全力で追いかけてください。

 

中学2年生の夏、エレキギターを買った

ある日、鬼のように怖くて理不尽な斎藤先輩が「Mr.Bigって知ってる?」と尋ねてきました。斎藤先輩からの質問はボキャブラリーが少なすぎて、何と答えるのが正解なのかいつも分かりません。「知りません」なのか「名前だけ聞いたことはあります」なのか、先読みして「CD買ってきます!」なのか。今回は「Mr.Bigってバンドさ、めっちゃ良いからCD貸してやるよ」だったのです。しかしながら、「今は持ってないから、部活が終わったら家に取りこい。で、すぐに聞いて明日返せ。あと絶対に傷つけるなよ。」と理不尽さはブレません。

先輩の命令はYes or Yesなので、お借りしてすぐに聞きました。ポール・ギルバート氏、超かっこいいっす。

www.youtube.com

斎藤先輩!ありがとうございます!初めて感謝しました。Mr.Bigを聞いてからエレキギターが欲しくて欲しくて、地域のタウン誌でギター譲ります的なのを発見し、譲っていただくことになりました。ジモティー的なやつです。1万円でOKですと書いてましたが、中学生割引?で5,000円まで値下げしてもらい、ギターだけでなく、アンプもエフェクターも教本も全部いただきました。モテなかったからギターを処分したのかもしれませんが、5,000円です!しかも量産ラインでもポールと同じアイバニーズ社製です!とりあえず、もらった教本に載っていた「藤井フミヤ氏のTRUE LOVE」と「GLAYのBELOVED」をやってみました。3ヵ月ほど練習しまして、BELOVEDのソロが弾けた時は本当に嬉しかったです。これだけで軽くモテました。おっ!

 

小遣いの大半をロックに注ぎ込む 

1.2曲弾けたことで、好きなバンドのコピーをし始めます。と言っても、Mr.Bigは全然無理だったので、エックスを片っ端からコピーしました。

f:id:Robotech:20210708222955j:plain

塾なし受験生だったのですが、ギターを弾いている時はリラックスできました。紅とかSilent JealousyはCDに合わせるとテンション上がりますね。

f:id:Robotech:20210708224052j:plain

毎月買っていたのは「BANDやろうぜ」略してバンやろです。ずっと1人で練習していたので、高校に入ったら絶対にバンドを組むと決めました。そういうキッズ心をくすぐる雑誌です。改めて見てみると、バンド名が難読英単語というか、もはや英語でないものもあります。しかし、世代の方はスラスラ読んでしまいます。勉学で使うべき記憶領域を無駄に占有している状態なので、一度、脳内ハードディスクをフォーマットした方がいいと思います。

f:id:Robotech:20210708224518j:plain

この記事を書くためにバンやろを探していたら、すごいのが出てきました。「月刊永作博美」です。実は永作博美さんの大ファンでして、中3の時にコンビニでたまたま発見して即買いしました。昼メシ代がなくなりましたが、空腹は若さで補いました。

ダメージをなくそう!のCMでハートを撃ち抜かれて、坊主頭だったのに「エッセンシャルダメージケア」を使ってました。同い年ぐらいだと思っていたんですよね。全部好きです。パーツ単位でも好きですし、全体像も好きです。笑ってる顔も怒ってる顔も全部好きです。純情な感情は空回りしてます。

www.youtube.com

こーんな感じです。記事を書く手が止まります。ギターの話をやめて、このまま永作博美さんの魅力について語りたいのですが、バンドやろうぜに話を戻します。超絶酔っぱらったらTwitterのスペース機能を使って永作博美さん話で盛り上がりたいです。

f:id:Robotech:20210708230129j:plain

永作博美さんの魅力はやっぱり笑顔です。この雑誌の中程に楽器屋さんの情報がありまして、ずっと眺めていました。かっこいいギターは10万円ぐらいするんだな、なんて、ずーっと眺めていました。遠く幼い頃から。そんな中でも一際目立つエリアがありました。

f:id:Robotech:20210708230618j:plain

こーんな感じです。ぐはっ、ギブソンは別格!更に高っ!ギターをやったことがない人でもギブソンって言葉を知ってますからね。世界2大ギターブランドといえば、やっぱりギブソンとフェンダーだと思います。定価20万円とか30万円とか、はじめてのア〇ムに電話するしか(まだCM出てない)、これでも安価な方ですからね。ちなみに現在進行形で価格が高騰しているので、今見ると安いと感じます。このエリアは今の自分には無縁と言いますか、いつか所有できたらいいなと思いました。

後編に続きます。