ロボテッチ通信

その教育費、過払い金になってませんか?

【ストーリーを描く】1年でフルマラソンのサブ4ランナーになるためにやった1つのこと


にほんブログ村 子育てブログへ

 

 

システムエンジニアという職業?は、人それぞれやっていることが全然違っていて、問題解決したり、チームをまとめたり、新しいモノを生み出したり、お金勘定をしたりと、色々あるんです。だいたい最終的には全部やる羽目になりますが、年齢と共に人材育成が求められてきます。私なんかはシニアに両手足を突っ込んでいるので、学生や若者相手に「目標を定めなさい」「ストーリーを描きなさい」、そうだ、「仕事のやりがいを見つけなさい!」そんなことを偉そうに言うわけです。シニアになってくると、プログラミングスキルに加えて、政治家的なスキルが必要だったりします。

あの、、参考までにやりがいは何ですか?どんなストーリーを描いていますか?と聞かれることがあります。私は不純な動機があれば、客の無理難題にも耐えられる、とハッキリと答えます。ボランティアでやってねーっつーの。毎日毎日、ストレスの雨あられ、集中豪雨、ゲリラ豪雨だっつーの。不純な動機がなければ、とっくに田舎さ帰ってるってばよ。弱い人間だもの。ぶっちゃけ仕事なんてものは所詮カネだよカネ。世の中の役に立ちたいです!(大嘘)

 

[目次]

 

フルマラソンのサブ4ってなに?

一般的に「マラソン」というのはフルマラソンのことで、42.195kmという中途半端な距離を走る陸上競技です。半分の距離のハーフマラソン(21.0975km)や、10kmや5kmや、反対にフルマラソンよりも長い距離のウルトラマラソンなど、実は色々と種目があります。

マラソンはタイムを競う競技でもあるため、トップアスリートだけでなく、多くの市民ランナーがタイムを気にして自主的に沼に入って行きます。おおよそ、マラソンを始めて大会に出たりするようになると、「サブ4(さぶふぉー)」という単語が出てきます。サブ4とは、42.195kmのフルマラソンを4時間以内に走ることです。3時間〇〇分で完走している人がサブ4ランナーということになります。大会に参加するランナーの上位20%とされ、市民ランナーが最初に目指す大きな壁です。その手前に5時間以内に完走するサブ5、さらに手前にまずは完走することが目標になったりしますから、サブ4は一人前の勲章と捉えられることがあるようです。ゴルフだとスコア83、ボーリングだとアベレージ300、TOEICだと745点、全体の上位20%を他の競技と比較するとこうなるようです。そう言われるとすごいのかもしれないです。

先に言っておきますけど、 サブ3.5やサブ3ランナーの方々、鼻で笑っても全然いいですけど、どうやったらなれるのかマジで教えてください!今、困ってます!

 

フルマラソンを始めたきっかけ

私が走ることを始めたきっかけは、大学の同窓会です。だったと思います。その年は毎月のように先輩、同期、後輩の結婚式があったので、頻繁に同窓会がありました。元々が笑い上戸なので楽しくてしょうがなくて、全然覚えていません。

同じ学部卒の友人が「最近マラソンを始めた。っていうか、遂にフルマラソンを完走した。」と、得意げに話し始めたのは覚えています。マラソンに全然興味がなかったですし、子供の頃から持久走とか走ること自体が本当に嫌いだったので、うわ!すごい!とはならず、「マラソン?長い距離を走るやつだよね?」ぐらいでスルーしました。一通りスポーツはやっているので、運動神経ゼロなわけじゃないんですが、マラソンは単純作業ってイメージだったんですよね。いやいや、車とかバイクあるっしょって思っていました。すみません!

しばらくして、取引先との打ち合わせで「俺、マラソン走った!」系の話を頻繁に聞き、マラソンがブームになっていることを知りました。ブームのきっかけは2007年の東京マラソンらしいので、そこから8年経過した2015年、どうやら市民ランナーは年々増え続け、各地で市民マラソンが開かれまくる空前のブームが巻き起こっていたようです。駅なんか、そこら中にポスターありましたしね。誰が見ても明らかに走るのが苦手そうなポッチャリ系の人が「俺、マラソン走った!」とニコニコしていると、あれ?自分でもできるんじゃね?と気になってくるものです。完全に飲み会のネタになりそうです。私は流行っていることが大好きで、AとBで迷った場合は流行っている方を選ぶタイプなので、シューズ1つあれば始めることができるマラソンをやってみたいと思いました。実際にはシューズ1つで済みませんが。

目標は42.195kmを完走すること!

そして取引先ならびに幼稚園のママ友に対してアピールすること。「俺、マラソン走った!」と言ってみたい!

 

 

ひとあし先を行く友人ランナー

なので、フルマラソンを完走したという彼に電話をし、「俺もマラソンやりたいんだけど、何を準備したらいい?」とド直球に聞きました。「完走したいだけなら、ランニング用のシューズ買うだけでいいんじゃない?」と、何か上から目線というか、なぜか ”完走したいだけ” を強調した感じがしました。

まぁまぁ色々と教えてもらいました。「今度大会に出るって言ったじゃん?一緒に出てみたいな。」と言った時のことです。「いや、無理かな。サブ4じゃないと出られない大会だから」と、何か上から目線というか、初めてサブ4というワードが出てきました。この時の彼はマラソン歴1年半、3時間55分というタイムを叩き出すサブ4ランナーだったので、サブ4を達成している人だけが出られるレベルの高い大会を目指していたのです。

加えて、「初めての大会でサブ4達成する人いるよ。まー、普通の人は無理だけど。」と、何か上から目線というか、これは完全に上から目線の挑発ですね。元々、彼は学生時代に自転車競技をやっていた軽量級で、私は武道出身でパワー系の重量級です。マラソンは体の軽い人が有利な競技だし、長距離なんか走ったことがないし、30半ばだし、こんな年だし、親も年だし、あなたしかいないし。

目標は42.195kmを完走すること!

目標は42.195kmを4時間以内に完走すること!

まだ1mも走ってないけど、目標だけが高くなっていきます。

 

全くの未経験者がフルマラソンを分析する

私は勉強が得意と言いますか、勉強で田舎から出てきてます。算数が得意で、自分でいうのもアレな感じですが、当時100万人の受験生ピラミッドがあったとしたらほぼ真上です。でした。センター試験の数学も満点で突破してるので、得意なことを応用すれば競技関係なく何だってできると信じてます。なので、サブ4を達成するべく、ざっくりと計算してみました。

仮に一定のペースで42.195kmを走る場合、ずーっと機械と化して5分41秒/kmのペースを維持すれば、3時間59分59秒で完走することができます!やった!これだ!余裕!!ちなみに一般的なジョギングのペースは7分30秒ほど、少し早めのジョギングで6分30秒って感じです。ためしに5kmを走ったところ、6分のペースを維持することができました。このペースであれば汗ばむ程度で息は上がりません。少しペースを上げれば5分41秒なんて楽勝だなと確信しました。ははは。その挑発、いただきます!むしろ、ごちそうさまでした!が、しかし、現実はそんなに甘くはなく、同時にマラソンの魅力にどっぷりハマっていくのでした。一定のペースで40km以上走れると本気で思っていました。

 

 

とりあえずスタート地点に立ってみる

独身時代のヘソクリだけで生活しているのでシューズだけを購入して2日に1度、5km程度のジョギングをしていました。2週間経った頃、10kmを6分/kmペースで走ることが苦ではなくなりました。その頃にお世話になっていたブログに、10kmを一度も止まることなく走ることができれば21.0975kmのハーフマラソンは完走できると書いてありました。

何をするにしてもスタート地点に立たないと自分の実力は分かりません。たとえ目標に届かなかったとしても、指先だけでも引っ掛けることができたとしたら、先を行っている人達と会話できる機会があるかもしれません。その人達と同じステージにさえ身を置くことができれば、自分のやり方と何が違うのかを比較し研究することができます。そして技術を真似し、盗み、パクり、自分に合ったやり方を探していくのです。そうすれば目標は達成できるはずです。たぶん。最後、急に弱気になりました。

マラソン歴1ヵ月ハーフマラソンに出てみた

なので、マラソン歴なのかジョギング歴なのか、走り始めて1ヵ月経った頃にハーフマラソンに出場しました。マラソン大会の仕組みが全然分かっていなかったのですが、おおよそ3~6ヵ月前にはエントリーが必要らしいのです。え?そんな前からエントリーしてたの?人気の大会は先着順でどんどん埋まっていきますし、東京、横浜、湘南、名古屋、大阪、京都、福岡、鹿児島などの大都市の大会は抽選になります。

手始めに地域密着型のハーフマラソンにエントリーしてみました。まずは、ハーフマラソンを完走が目標!ということで。

f:id:Robotech:20201231091620j:plain

そうなんです。生まれつき本番に強いタイプなので、簡単にハーフマラソンをサブ2でクリアしてみました。1ヵ月でやりました!正直なところ、なんせ初めてだったので、緊張からペースが早くなりまくって、タイムを気にする余裕もなくゴールまで足を動かし続けました。ふぅ、1時間45分は切りたかったな、、、などと不特定多数に対して調子こいた発言をするまでが私の流儀です。ウザさの向こう側に行きたいのでね。しかし、上手くいった時こそ落とし穴は掘ってあるものです。

マラソン歴5ヵ月100kmのウルトラマラソンに出てみた

その頃お世話になっていたブログに、ハーフマラソンで一度も止まることなく完走できるとフルマラソンは完走できると書いてありました。実際、ハーフマラソンは一度も止まらなかったので、フルマラソンは完走できると確信しました。チョロいですよね。

しかしながら、フルマラソンのシーズンは11月後半~3月前半なので、出場できる大会がありません。なので友人に相談しました。すると「今はウルトラマラソンのシーズンだな。42kmの倍以上の距離あるけど。」と、いうことで、フルマラソンよりも距離の長いウルトラマラソン。そんな香ばしい響きの大会をナルシストのロボテッチさんが見過ごすわけがありません。

なので、出ました。距離は100km。エントリー費用はなんと22,000円。

柴又100K ~東京⇔埼玉⇔茨城の道~

tokyo100k.jp

東京都の柴又を出発して、ひたすら江戸川河川敷を走り、埼玉県を通過して茨城県の五霞で折り返して、再びスタートの柴又まで戻ってくるコースです。風景がずっと変わらないんですよ。気温は30度の炎天下。マジで地獄!(^^)!

f:id:Robotech:20201231094420j:plain

惨敗でした!8時間ほど走り続けた64km地点で後方から走ってくるリタイア選手回収専用車両にてスタート地点に強制送還されました!

今までの人生、自然と涙が流れた経験は初めてだったと思います。強制送還ですからね。貴様レベルの初心者が出る大会ではないと言われたようなものですからね。ま、一番つらかったのは、悪臭を放つ体&動かない足で満員電車に乗って帰らなければならないことでしたが。

マラソン歴5年になった今でも思います。ウルトラマラソンの世界は基地外です。基地外の集まりです。こんな苦行に2万円以上も払ってエントリーしてる時点で、参加者全員が基地外です。その中でも上には上がいまして、半裸&裸足で走っている人とか、炎天下なのに全身着ぐるみの人とか、一本下駄の僧侶とか、ウォーミングアップを兼ねて大阪から走って来た人とかいました。終わったら走って大阪に帰るそうです。どういうこと?飛脚なの?

マラソン歴11ヵ月はじめてのフルマラソンに出てみた

フルマラソンの前にウルトラマラソンに出場して惨敗しましたけど、64km走れることが分かったので、フルマラソンが短い距離に感じました。この頃の練習メニューは月水金に15kmを6分/kmペースで走る、ただそれだけです。走ることが楽しくて、習慣になってました。

初めてのフルマラソンは、都内からもアクセスが良く、平坦なコースで良いタイムが出やすいと有名な大会を選びました。エントリー費用も安かったです。この頃は。

古河はなももマラソン

www.kogahanamomo.jp

f:id:Robotech:20201231101250p:plain

はい、ということで、生まれつき本番に強いタイプなので、サブ4達成しました!ゴール後にしばらく歩いてから止めたので3時間58分でした!さっそく友人に連絡をすると、思いもよらぬ言葉が。

グロスでサブ4じゃないとサブ4とは言えない。

つまり、こういうことです。マラソン大会のタイムは、グロスタイムとネットタイムの2種類あります。詳細は割愛しますが、スタートの号砲からフィニッシュラインを通過するまでのグロスタイムで、4時間以内でない。なので公式記録でサブ4と言えない、ということらしいです。あれ、もしかしてレポート手伝ってやったの忘れてんのかなコイツ。

ネットタイムで3時間58分、グロスタイムで4時間4分。サブ4でいいですよね?ダメって言われるとタイトルとの整合性が取れなくなるので、

初めてのフルマラソン、1年以内にサブ4は達成しました!ということでお願いします。いや、充分でしょ。

 

サブ4を達成するための方程式を導く

このレース後、グロスタイムでサブ4ランナーになるためにやったことがあります。タイトルで1つのことと言いながら、5つも挙がっている点に関しては、これを読んでくれている皆様は社会人の方々。1つで出来る!系の情報はだいたい詐欺だよ!

  • 自分の体の軽量化
  • 42.195kmを走る持久力
  • 4時間以内で走るペース
  • レースをサポートする装備品
  • スタミナ切れさせない栄養補給 
自分の体の軽量化

体重を1kg落とすとタイムが3分縮まるそうです。炭水化物をゼロにすると老化が早まるらしいので、白米を1食120g程度に減らしました。あとは晩酌のおつまみをゼロにしました。酒だけ飲みます。晩酌はします。173cm64kg、体脂肪率は8%。深夜の公園にて、久しぶりの動ける体に「おかえりなさい」と声を掛けました。

f:id:Robotech:20201231105543j:plain

 

レースをサポートする装備品

ジョギング用シューズからレース用シューズに変えました。ジョギング用シューズでマラソン大会に出場していたんです。スポーツ用品店の方が「ターサージールは目立ちますよ。アスリートの方はだいたい持ってますよ!」と、ナルシストのロボテッチさんが、こういったアスリートの方が持っていそうなシューズを放っておくわけがないので衝動買いしました。たしかに羽のように軽く10分は縮むのですが、膝へのダメージは確実に増えます。

f:id:Robotech:20201231110056j:plain

 

スタミナ切れさせない栄養補給

柴又ウルトラマラソンの回収車両にて、同じリタイア選手から「水を飲み過ぎたのではないか?水を飲み過ぎると、胃で栄養が吸収されにくくなる。エイドでの栄養補給のタイミングを考えたほうがいい」とアドバイスをいただきました。すごく参考になりました。すごく参考になったんですが、お前も同じリタイア選手だからな。

なので、BCAAやプロテイン、その他サプリ類を色々と試しながら、補給のタイミングを見直しました。レース前にコースマップを見ながら予習して、何km地点のエイドでどの程度の補給するのかを決めました。

f:id:Robotech:20201231110202j:plain

 

練習方法が分からなかったので愛用した教本

我流って本当に効率が悪いです。練習方法が全然分からなかったので本を参考にメニューを組み立てました。有森裕子選手、高橋尚子選手の練習メニューにも触れていますが、全体的に「マラソンのコツ」について解説されてます。ちょうど、序盤にオーバーペースになってしまう私はピッタリの教本です。自己ベストを更新することよりも、マラソン大会を楽しむことに焦点を当てられています。

 

目標達成までのストーリーを描く

思い続けていれば、定めた目標には必ず近づいていきます。遅い早いはあると思いますが、確実に数日前よりは良くなります。目標達成には、自分に合った方法を探すこと、壁に当たる度に修正すること、一定期間は集中して取り組むことが不可欠です。私の場合は、定めた目標に不純な動機が加わることで、楽しく継続することができます。大人でも子供でも、失敗するとやっぱり悔しいのですが、何かにチャレンジすれば必ず失敗はするので、次の成功につながるまで気長にやりたいと思います。

その8ヶ月後、富士山マラソンにて。

f:id:Robotech:20201231114133p:plain

これで文句はないだろう!!標高830mだったよ!酸素薄かったよ!酸素薄いのにベスト出したよ!しかも氷点下!(うるせー)

f:id:Robotech:20201231113602j:plain

robotech.hateblo.jp