ロボテッチ通信

その教育費、過払い金になってませんか?

【成長感覚を掴む】今すぐにできることを積み上げて、自分の明日を変えていく


にほんブログ村 子育てブログへ

 

f:id:Robotech:20201014204409j:plain

武士道とは、鍛錬の黒を積み上げて、初心の白へ戻っていくこと

 

ハローYouTube.

名言っぽく始まりましたが、なんか良い感じの事を言っているようで、ぜんぜん何を言ってるのか分からない、カジュアル武士道のロボテッチです。

 

[目次]

 

無駄に経験年数だけは加算されていくので、写真のような帯を所持してるが、恥ずかしながら強さや鍛錬の象徴とは程遠い、経年劣化の象徴である。武士道の風上にも置けないカジュアル武士道が、習い事のメリットの1つ「成長感覚を掴める」という観点から、道場で見た「成長感覚を掴んでいる子」を紹介していく。たぶん、小学生高学年向けです。

 

武道の稽古とは

武道の稽古は、準備運動から始まり、型や打ち込みで技の基本動作を確認し、その後に実践的な組手や乱取りをするのが一日の流れになる。反復稽古が基本となるため、毎日毎日これを繰り返して技を自分のものにしていく。毎日毎日。。また、普段の練習から礼儀が重んじられるため、規律から少しでもブレようものなら師範や先輩達によって秒で修正され、修正が確認されるまでは稽古に戻ることは決して許されない。

その理由は武道の歴史にある。空手道や柔道などを例にすると、昔々は武器を持った相手に対して、どのようにして素手で戦うか(殺傷するか)が起源となっている。時代の移り変わりと共に、先生達が殺法を正しい道へと導いて行き、人間育成のための「教育」として昇華させ守り続けてきた。と、カジュアル武士道の発言には厚みがないので、そのあたりの話は「るろうに剣心」などを参照してください。←カジュアルかよ(三村)!

 

 

成長感覚を掴んでいる子

勝ち上がっていく選手は、普段の稽古から格上の相手と練習をする。約束組み手とは言え、自分よりも強い大きな相手と戦うことは、動物の本能的には恐怖でしかないので、これはなかなか勇気がいることだ。

以前参加した合同練習で、当時小学校5年生の男の子がいた。その子は1本3分の組手で、5本連続で私に挑んできた。10分間の休憩が入ると、すぐに近づいてきて、「上からの攻めに反応できませんでした。アドバイスをいただけますか?」と。カジュアル武士道的には、プレッシャーを掛けられても目線を下げずに全体を見るように、と伝えたが、水は飲んだのか?と聞くと、少し水を飲み、「ちょっとやってみます。」と次の相手を探しにいった。

稽古終了後も「今日来て良かったです。」とわざわざ挨拶に来てくれたので、気にするな、将来、君が有名になった時で構わないので、ロボテッチさんには大変お世話になりましたと大きな声で言うようにと指導した。

その後、どの大会で見掛けても最前列に座って先輩達の試合を見ている姿が印象的だった。

 

練習相手がいることへの感謝

f:id:Robotech:20201021230842j:plain

市大会 ⇒ 県大会 ⇒ 地区大会 ⇒ 全国大会と勝ち進んでいくと、特に対人競技では練習相手を探すことに苦労する。私は3歳から始めたので小学3年生の時から手ぶらで帰る全国の選手だったが、非常に苦労した記憶がある。手ぶらで帰る選手であっても全国大会に出場するということは、県トップであり地区でもトップであるため、県内には練習相手になる同学年はいない。そのため、師範にお願いをしたり、自分でタウンページで中学や高校を調べて凸るしかなかった。

出稽古というと、漫画で見るような道場破りの暴れん坊をイメージがあるようだが、勝ち上がっていく子は皆、礼儀正しい。苦労してやっと辿り着けた稽古先では、自分から自己紹介をしなければならないからだ。稽古開始前に必ず微妙な間があって、その時に「〇〇小学校〇年の〇〇です。今日一日よろしくお願いします。」ぐらいは言えないと、次から呼んでもらえることはない。私は極度の人見知りだったので、そこに立っているだけで逃げ出したくなったが、自分でやらなければ先に行けない気がした。

 

道場のあるあるパターンを分析

を先生、〇を弟子とすると、こんな現象が起こる。

稽古開始時はこのような状態

f:id:Robotech:20201023010347j:plain

5分後

f:id:Robotech:20201023010355j:plain

10分後

f:id:Robotech:20201023010358j:plain

先生が移動すると

f:id:Robotech:20201023010403j:plain

こうなる

f:id:Robotech:20201023010406j:plain

余白の美エリアに行けた人から順に強くなりますね。。

 

なぜ習いに来ているのかを今一度、考えてみる

なぜ習いに来ているのかというと、先生の持つ技術を習得するために通っているのだと思うが、今一度、よく考えてみる。

先生の持つ技術を習得するには、先生が話している時にしっかりと話を聞く必要がある。先生が話している時に全然聞いていなくて、後から友達や親から教わるようでは、ほとんど意味がない。

また、分からないことはその場で解決するようにしたい。分かりません!は全然恥ずかしいことではない。分からなかったことを先延ばしにすると、家に帰ってきた頃には、何が分からなかったのか忘れてしまう。それを思い出すところから始まっては時間が無駄になる。

ごくごく当たり前の話ではあるが、このことを良く理解させるために子供と話し合った方が良い。先生との相性が悪いようであれば、他を検討することも大事だ。

 

親は子供の失敗を指摘するべきではない

なんだかんだ言っても、自分の努力を評価してくれるのは親か先生ぐらいしかいない。他人は結果だけでしか自分を見てくれないし、結果すら見てくれないこともある。子供にとって、親は自分の努力を評価してくれる大変貴重な存在である。

親が経験者の場合、子供がいつ壁にぶち当たるのかと、その回避方法を知っている点、やはり有利であると言える。例えば武道では、武道を知ったから戦えなくなることがある。それまでは適当に楽しく組手をしていた子が、「自分を倒すために相手が攻めてくること」になんとなく気付くと、負けたくない気持ちが先行して何もできなくなってしまう。

実は誰もが必ずぶち当たる最初の大きな壁で、すなわち成長したからこそ到達できた壁なのだが、「なぜ何もしないんだ」と怒鳴りつける親をよく見る。やられてもいいから思い切って攻めてみよう、とか、練習だから勝ちとか負けとかないよ、とか言ってあげるだけで良かったりすることだ。

以前書いた、このあたりの記事を参照してください。

robotech.hateblo.jp

 

今すぐにできること、今すぐにできないこと

もちろん技術の習得には、ある程度の時間が必要となるが、誰にだって今すぐに出来ることは、挨拶をすることである。挨拶が出来ないと、どんなに努力をしたとしても夢が叶わないことがある。チャンスが回ってこないことがある。

小さい頃の負けや失敗が致命傷になることは絶対にない。しかし、本人の記憶には深く刻み込まれる。上記の男の子は、地区大会出場をあと一歩で逃して泣いた過去があり、もう二度と試合では負けたくないと話していた。

きちんと挨拶をする人は、人と関わる機会を大切にする人で、自分のやりたいことに集中している人だ。自らの意思で、今すぐに出来ることを大切にした瞬間から、ほんの僅かだとしても明日は確実に変わっていく。

 

おまけ:たぶん本当の意味で名言というやつ

道場には必ず道場訓があり、名言チックな言葉がわりと多く掲示されている。道場は名言の総合商社だ。そろそろ本気で怒られそう。だいたい達筆すぎて小学生の私には読めないものばかりだったが、どこかの道場で見た言葉に助けられた記憶がある。(たしか筑波大学だったかな。)

「千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とす。そして勝負は一瞬。」

後で調べたところ、宮本武蔵の兵法書である「五輪書」に記された言葉だと知った。天下無双の剣豪も一瞬のために一歩一歩の稽古を積み上げていたのかと思うと、子供ながらにもう少し踏ん張ってみようと思えたのでした。