ロボテッチ通信

その教育費、過払い金になってませんか?

【家庭学習のすすめ】小学2年生 算数:基礎編 グレードアップ問題集小学2年算数 計算・図形 文章題


にほんブログ村 子育てブログへ

 

[目次]

 

※当然のことですが、実際に購入し使用して

 効果があったものをレビューしています。

 

こちらの教育方針を基に家庭学習を進めています。

robotech.hateblo.jp

 

到達目標の設定

  • 小学校のテストは全て100点をとりたい
  • 教科書+α程度の実力は身に付けていたい
  • 苦手な単元は作らない

 

家庭学習の進め方

小学2年生の算数は、足し算と引き算をひっ算で計算したり、長さや容積の単位が登場します。また、後半にかけ算も習いますが、足し算と引き算をマスターせずに無理に九九を暗記してしまうと、かけ算の本来の意味が分からないままになります。足し算が単純作業となる経験をした上で習うのが効果的です。ムリな先取り教育をやってしまいがちですが、苦手な単元が必ずないことを確認してください。

いくら簡単な単元でも、必ず100点が取れるというのは一つの技術です。そのためには、教科書は確実に理解した上で、教科書より少し難しい問題をやることが、適度な負荷となります。

教科書より少し難しい問題なので、間違えてしまったり、理解ができない問題も出てきますが、どこを間違えたのかを把握し、2回目は解けるようにしてください。それを繰り返すことで、確実にレベルアップします。

1つの問題集を徹底的にやった方が効率が良いと思うので、同じものを2冊買い、2回通りやってもらいました。

 

必ず押さえるべきところ (重要度順)

  • かけ算のきまりに気付く
  • 単位の概念・変換に慣れる
  • 文章から数字の持つ意味を読み解く
  • 足し算と引き算のひっ算をマスターする
  • 検算の癖をつける 

 

おすすめの問題集①

使用した時期

1回目:小学1年生1月~小学2年生4月

2回目:小学2年生5月~8月

 

本書の特徴

基礎を徹底的に理解することを目的としている問題集。

この問題集に出会った時、各社の通信教育よりも良問が揃っていると感じた。

単なる計算問題が並ぶドリルとは違い、頭を使って算数を楽しむ問題が多い。

小学校のカリキュラムに沿っているが、深掘りをしている。

 

特にココが気に入った!

かけ算の答えが24や36となる式を何個か書く問題や、4×□は24なので24は4の□ばいです、など、いろいろな角度からかけ算のきまりに気付くよう構成されています。かけ算は九九を暗記してしまう方法を取ると、その後の算数への理解は頭打ちになってしまうので、本書のような理解の仕方が重要となってきます。

 

おすすめの問題集②

使用した時期

1回目:小学2年生4月~7月

2回目:小学2年生7月~10月

 

本書の特徴

基礎を徹底的に理解することを目的としている問題集。

意味のない文章が並ぶドリルではなく、難しい言い回しもあり、国語力も養える。

 

特にココが気に入った!

最後の方にB5用紙1ページ分の超長文の文章題が登場する。沢山の登場人物と様々な物の数が記述されているが、そこから関係のある数字だけを選択して計算することが問われる。もちろん、第1回から進めていくことで、気が狂いそうな超長文もムリなく解けるようになった。

 

robotech.hateblo.jp